土日休みの調剤薬局で働く薬剤師

薬剤師転職

薬剤師で休みがない、と不満がある方へ

悩む薬剤師
休みがない・・・と悩んでいる薬剤師さんも多いと思います。病院勤務時代、休みがなくて大変でした・・・もっとライフワークバランスを取れる職場で働きたい、と悩んでいる薬剤師さんへ。休みが取れる職場へ転職する方法をご紹介します

薬剤師の休み事情、職場によって年間休日日数にも差が出てきます。

プライベートを充実させるためにも、日頃の仕事の疲れを取りリフレッシュするためにも、家族との時間を取るためにも、休みが無いと辛いですよね・・・

薬剤師の職場というと、調剤薬局やドラッグストア、病院が主となります。

この中で休みが少ないのは、病院、ドラッグストアといえるでしょう。

職場によっては薬剤師の人数が少なく、残業が毎日あったり休日出勤もある、といった働き方になっているかもしれません。

ちゃんと休める職場に転職したい・・・

と思っている薬剤師さん向けに、薬剤師がしっかり休みが取れる職場に転職する方法を解説しています。

休みがしっかり取れる・年間休日日数が多い職場、薬剤師求人を見つけるには

薬剤師求人が豊富な転職エージェント

薬剤師が休みが確実に取れる職場、土日・祝日休みで働ける職場の求人を探すには、求人数が豊富な転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

土日休みの条件、年間休日日数の多さから探すことも可能です。

希望の働き方、仕事内容などの条件ありで相談することもできますから、一人で転職先を探すよりも条件に合った転職先を見つけられる可能性が高く成ります。

以下の転職エージェントは、いずれも非常に多くの薬剤師求人を多く取り扱っており、サポートの手厚さにも定評があります。

ぜひ登録をして、希望条件で職場をお探しになってみてください。

⇒ ファルマスタッフ

⇒ 薬キャリ

⇒ マイナビ薬剤師

薬剤師は休みがない?

日曜日に働く薬剤師

薬剤師の仕事は休みがないのでしょうか。

薬剤師の休日事情は職場による、と言えますが平均してみると休みは平均的にはある、といえるでしょう。

  • 調剤薬局:120日程度
  • ドラッグストア:110日~120日程度
  • 病院:110日程度
  • 製薬会社:120日以上

年間休日日数が多い職場としては、製薬会社が挙げられます。

土日・祝日が休みですし製薬会社によっては大型連休はガッツリ休みにしています。

お盆に会社自体が1週間以上休みとなる企業も。

ドラッグストアに勤務している場合、1週間以上連休が取れるのは、いつでしょう?

そんな休み、ない。
といった方も多いのではないでしょうか。

薬剤師の休みは職場によるところがとても大きいのです。

ただ、こうしてみると「休みがない」のではなく、土日に確実に休めず、シフトで飛び休のような形で休みがあることが多いため、あまり休んだ気持ちにならない、ということも言えそうです。

だからこそ、土日が確実に休める職場であったり、祝日も休みで連休が取りやすい職場で働くことに憧れるのかもしれません。

実際、休みは無いよりもちゃんと取れる方が良いですよね?

例えば、看護師さんの場合、病院によっては年間休日数95日といった表記もあったりします。

薬剤師の職場は、そこまで年間休日数が少ない求人票はあまり見かけませんが、休みの実態については事前に転職エージェントなどを通じて確認しておく必要はあるでしょう。

職場ごとの薬剤師の休日事情

薬剤師アルバイト

薬剤師の休日事情は職場によって大きく違いがあります。

休みがしっかり欲しい、確実に土日休み、週休2日制で働きたいといった場合には、年間休日日数にも注意して求人をお探しになることをおすすめします。

病院で働く薬剤師の休日

病院薬剤師として働く場合、平日は多くの患者さんが訪れて忙しいですし、入院患者さんが多い病院であればその処方箋への対応、薬の説明などもあります。

医療現場の最前線で働き、患者さんとも直接関わる機会もあることから、薬剤師としてのスキルを磨くには病院薬剤師が最適と言われることは多いです。

しかし、こと勤務に関していうと当直で2交代制で働くこともあり体力的には厳しい職場だと言えます。

休日はシフト制で土日どちらも勤務、といった働き方になることもあるかもしれません。

また薬剤師の職場としては、平均年収が最も低い職場でもあります。

そうしたことが転職理由となり、病院薬剤師を短期間で辞める方も実際います。

調剤薬局で働く薬剤師の休日

調剤薬局で働く薬剤師の休日については、門前、隣接する病院やクリニックなどの診療日に大きく影響されます。

クリニックが土曜日も診療を行っていれば、薬局も合わせて営業を行います。

年中無休の場合も同様です。

対して総合病院の多くは土日祝日は休みです。
その場合、調剤薬局も土日祝日が休みになることも多く、週末や祝日に確実に休みたい薬剤師さんは、そのような薬局をお選びになると良いでしょう。

ドラッグストアで働く薬剤師の休日

ドラッグストアに勤務する薬剤師は、休みが取りにくい、少ないと言われることがあります。

特に薬剤師が不足しているドラッグストアの場合には、該当することが多いです。

しかし、チェーン展開していて薬剤師の人数も充足している場合には、多店舗や本部からヘルプに入れる薬剤師がいるため、休日の日数をしっかりと確保できるケースが多いです。

そのため、ドラッグストアで働く場合、どの企業で働くかが大きな分かれ目になると言えます。

大手ドラッグストアほど、福利厚生も充実しており、年間休日日数も多い傾向があります。

企業薬剤師として場合の休日

企業の多くはそもそも、土日休み、祝日休みとなっています。

そのため、年間休日日数は125日など多い企業が多数です。

ただし、業界・業種によっては繁忙期などは休日出勤がある可能性もあります。

残業時間についても事前に確認しておく必要があるでしょう。

企業薬剤師の求人数は元々少ないので、次のような大手サイトを利用しての情報収集をおすすめします。

⇒ 薬キャリ

⇒ マイナビ薬剤師

  • 土日休み
  • 年間休日120日以上
  • 残業無し

といった条件で薬剤師求人を探すことが出来ますので、とても便利です。

ぜひ活用してみてください。

薬剤師の休みが多いのは調剤薬局

調剤薬局で働く薬剤師

薬剤師の主な職場の中で、休日日数が多いのは調剤薬局です。

中でも門前の総合病院が土日休みの場合には、調剤薬局も土日休みとなることが多いので、働きやすさ重視ならこうした職場を選ぶとよいでしょう。

企業薬剤師も休日数ということでいけば多いのですが、求人数自体が少ないこと、やりたい業務内容かどうか、といった問題もあります。

調剤薬局の業務内容もその職場によって扱う処方箋の内容、枚数も異なりますし、忙しさも変わってきます。

希望の働き方がある場合には、職場の内部情報に詳しい薬剤師専門の転職エージェントを利用して、求人を探してもらうことをおすすめします。

薬剤師が休みが多い職場、かつ働きやすい職場へ転職するには

薬剤師としての仕事も続けたいけれど、ライフワークバランスをもっとしっかり取りたい。

家族との時間も確保したい、といった場合。

職場によって休日の取り方は様々ですから、希望の働き方、休み方ができる職場を選ぶことが大切になります。

転職成功のポイントは、事前の情報収集を徹底して行うこと。

そのためには情報量を多く持つ転職エージェントを利用する方法が欠かせません。

ファルマスタッフで休日が多い正社員薬剤師求人を探す

ファルマスタッフ年間休日120日以上

年間休日120日以上の薬剤師の職場、正社員求人で探す場合。

情報量が多く、利用をおすすめするのはファルマスタッフです。

条件に合う求人が約1万件見つかりました。

また、土日休みの正社員薬剤師求人が掲載されていました。
(求人数は調べるタイミングで異なります)

休日が多い正社員薬剤師求人をお探しの場合、ファルマスタッフを利用して情報収集をしてみてください。

情報量が多く、おすすめです。

⇒ 薬剤師の派遣求人・転職なら「ファルマスタッフ」

薬キャリで休日が多い薬剤師求人

薬キャリは業界トップクラスの求人数を掲載。

年間休日の多い薬剤師求人が多数掲載されています。

情報収集には欠かせないサイトといって良いでしょう。

年間休日120日以上の条件で薬剤師求人を探すことが可能です。

正社員求人の他、パート、派遣の薬剤師求人を探すこともできます。

土日祝休みの完全週休2日、といったことでも探すことが出来ます。

それでいて高年収の薬剤師求人も多数掲載がありますので、ぜひ活用してみてください。

⇒ 薬キャリ 詳細はこちら

マイナビ薬剤師

正社員での薬剤師転職ならマイナビ薬剤師もおすすめです。

年間休日120日以上の薬剤師求人を非常に多く取り扱っています。

年間休日120日以上、なおかつ土日休み、月残業10時間以下などワークライフバランスを重視したい薬剤師さんにおすすめの求人も多数あります。

⇒ 薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

薬剤師、休みが無い悩み。年間休日日数がどれくらいだと多い?

薬剤師の休日は職場によって大きく様相が変わります。

調剤薬局で働くと言っても、薬剤師の人数が少なければ1人あたりの負担は重くなり残業も増えるでしょうし休日も少なくなるかもしれません。

薬剤師が充足していれば、しっかり休みも取れて土日も連休が取りやすいかもしれません。

有給休暇取得率も高い可能性があります。

年間休日120日以上だと、薬剤師の休日が多いといえるでしょう。

新たに転職先をお探しになる場合には、年間休日120日以上を目安として職場探しをされるのがおすすめです。

今の職場を辞めたい場合

在職しながら転職活動をするという薬剤師さんも多いでしょう。

辞めてから転職活動をする場合、もし次の転職先が決まらなければ無収入の期間が長くなるリスクがあります。

薬剤師は転職しやすいイメージがあるかもしれませんが、30代、40代になると転職の難易度は高くなります。

特に40代以上になると、履歴書で落とされるケースも。

収入が途絶えると、特にご家族がいると生活に困窮しやすくなります。

生活レベルは急に落とせないためです。

それにお金に余裕が無いと、焦って転職先を決めてしまう可能性があります。

出来る限り、在職中に転職先を見つけることをおすすめします。

薬剤師を辞める、転職するといった関連記事を掲載しています↓

企業薬剤師として働くなどする場合、年間休日日数が増える可能性が高いです。

土日休みですし、祝日も休み。
企業によってはお盆休みや年末年始休暇も長いのです。

休みがしっかり取れる職場で、薬剤師もライフワークバランスの取れた働き方を

土日休みの働き方になると、生活リズムを作りやすくなります。

プライベートの予定も立てやすいですね。

連休も作りやすくなりますし、祝日の状況、それに有休をくっつけて5連休、6連休なども取得することもできそうです。

ご家族のいる薬剤師さんであれば、家族旅行の計画も立てやすくなりますね。

お子さんとしっかり向き合う時間も取りやすくなります。

自分以外は土日休み、といったご家庭も多いでしょうから、すれ違いを感じることも無くなりますね。

土日休みで働くことが出来ると、ライフワークバランスを取りやすくなります。

時間の無さ、家族のすれ違いがストレス・・・といった方は、ぜひ働きやすい職場、土日休みで働くことが出来る職場をお探しになってみてください。

薬剤師で休みがない、まとめ

休みがないと、疲労も抜けませんし気持ちもリフレッシュすることが出来ません。

休みがないと年収が高くても、ストレスが溜まり「何のために働いているのだろう・・・」と悩む可能性が高いと言えます。

精神的に辛くなりやすいのです。

しっかり休みが取れる職場で働くことはとても大切です。

しっかり働いて、休んで、生産性を上げられるのが理想的です。

事前に職場の情報を得ることができれば、実際どのような休日事情なのかを知ることが出来ます。

その方法としては、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

担当のコンサルタントが気になる職場の情報を確認してくれます。

知りたいことは、質問してみてください。

分からないことは、職場に確認を取ってもらえることは多いです。

そうすることで、ミスマッチを防ぐこともできます。

転職して後悔しないためにも、事前の情報収集を徹底することはとても大切です。

そのためにも、記事中でご紹介した薬剤師転職エージェントを利用してみてください。

などは求人数も豊富で、おすすめです。

おすすめ関連記事

病院薬剤師を辞めたい

病院薬剤師を辞めたいという方へ。薬剤師としてもう少し楽に働ける職場、給料も上がる職場への転職活動の方法についてご紹介しています。

薬剤師が時短勤務で働く

薬剤師が時短勤務で働きたい場合に、求人探しに情報を多く得られる、おすすめの転職サイトやエージェントをご紹介しています。

-薬剤師転職
-

© 2022 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5