薬剤師

薬剤師転職

薬剤師が土日休みの職場に転職するには

悩む薬剤師
薬剤師が土日休みで働ける職場の求人を探したい。やっぱり土日休みなしの働き方は、家族との時間が取れなくて辛いしストレス・・・土日休みの職場に転職したいな・・・

土日は休みたい、という薬剤師さんも多いと思います。

薬剤師が勤務する職場の多くは、土日もシフトで勤務、といったように週末も仕事がある前提のところが多いのではないでしょうか。

とはいえ家事や育児があるママ薬剤師の方も多いと思いますし、お子さんがいなくても土日休みなしの働き方はプライベートの時間を取りにくいため、不満を感じている薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

ライフワークバランスを取りやすい働き方ができる職場をお探しになっている薬剤師さんにとっては、土日・祝休みといった働き方はメリットが多いと言えるでしょう。

でも、実際のところは正社員かつ土日休みという職場を探すのは難しいです。

そこでポイントになるのが、転職エージェントです。

業界トップクラスと言われる転職エージェントを複数利用することで、土日休みの薬剤師求人を見つけやすくなります。

この記事では、ライフワークバランスを取りやすい土日休みの調剤薬局やドラッグストアの薬剤師求人を見つけるために、おすすめの転職エージェントをご紹介しています。

ぜひ、活用して希望の働き方、土日休みの職場を見つけてください。

土日休みの職場、薬剤師求人を見つけるには

薬剤師求人が豊富な転職エージェント

薬剤師が土日休みで働ける職場の求人を探すには、求人数が豊富な転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

いずれも非常に多くの薬剤師求人を多く取り扱っており、サポートの手厚さにも定評があります。

ぜひ登録をして、希望条件で職場をお探しになってみてください。

⇒ ファルマスタッフ

⇒ 薬キャリ

⇒ マイナビ薬剤師

土日休みじゃないと辛い!

休日に転職について悩む薬剤師

薬剤師の職場として、土日も勤務する職場は多いですよね。

日曜日は定休日、という職場は比較的多いですが、土曜日は正社員は基本的に仕事、といった調剤薬局やドラッグストアは多いでしょう。

でも、土日も仕事があると特にご家庭のある薬剤師さんは家族の予定が立てにくく、ストレスを感じることも多いのではないでしょうか。

平日休みの場合、出かけても空いているといったメリットもありますが、一人で行動した場合です。

家族で出かけるのは平日は難しいですし。

子供たちとの休みが合わないことで、お出かけや旅行などが難しく、文句を言われることもあるでしょう。

どうしてママは土曜日、日曜日、お仕事でおうちにいないの?もっとみんなで出かけたい

日帰りの温泉なども土日も仕事だと、行きにくいですよね。

土日休みではない働き方は、最初は良くても次第に辛くなってくる方も多いでしょう。

薬剤師は土日休みで働ける?

薬剤師バイト

結論からいうと、土日休みで働ける職場はあります。

求人数は少ないですが、調剤薬局やドラッグストアでも土日休みの薬剤師求人はあります。

勤務時間:月~金

といった掲載の薬剤師求人は意外と見つかります。

もちろん勤務日だけで応募を決めるわけにはいきませんから、給与や仕事内容なども含めて求人に応募するかを決断する必要はあります。

ただ、土日休みの薬剤師求人はゼロではありませんから、希望を持って働きやすい勤務条件の職場探しをしてみていただきたいです。

調剤薬局やドラッグストアに限らず、コールセンター、製薬会社といった企業薬剤も含めて探してみると、意外と求人があります。

コールセンターもDI業務の募集もあります。

色々と選択肢を広げて土日休みで求人を探してみると、ライフワークバランスを取りやすい職場が見つかるかもしれませんよ。

土日が休日、薬剤師の働き方

薬剤師の休日は、職場によって変わります。

土日が休日で年間休日も125日などしっかり休みがある職場。

土日が休日ではなくシフト勤務、年間休日数も110日程度など様々です。

どの職場を中心に探すと、土日休みの職場を見つけやすいのでしょうか。

製薬企業などで働く

企業で働く場合、基本的には土日休みの職場が多いです。

薬剤師資格を活かして働ける職場を探すということでいえば、製薬企業などがあります。

化粧品メーカーや食品会社も薬剤師の採用需要があります。

ただし求人数は非常に少ないため、レア求人といっても良い状況です。

特に企業薬剤師の求人は都市部に集中しており、地方では働きたくても求人が見つからない・・・といった状況になる可能性が高いです。

製薬企業などで働く場合には、完全週休二日制です。
祝日も休み、ということもありプライベートの予定も立てやすいでしょう。

ただし繁忙期や職種によっては休日出勤もあるかもしれません。

勤務する企業によって勤務状況は変わりますので、あらかじめ情報収集をしてみるか、面接で質問をしてみると良いかもしれません。

オフィス街の調剤薬局

調剤薬局は立地によって休日が設定されているといっても良いです。

多くの調剤薬局やクリニックや病院の門前、もしくは近隣にありますから、営業日をクリニックや病院に合わせています。

クリニックの多くは土曜日診療を行っているため、それに合わせる形で調剤薬局も土曜日に営業しています。

日曜日も診療していれば、クリニックも日曜日に営業します。

年中無休であれば、クリニックもまた同様に年中無休で営業するケースが多いです。
年末年始も営業しています。

それを考えると、オフィス街にある調剤薬局の場合には土日休みとしているケースもあります。

周囲で働く人が激減する土日は需要が無いためです。

そうした視点からも職場探しをしてみると良いかもしれません。

ドラッグストア

ドラッグストアでも稀に土日休みで薬剤師を募集しているケースがあります。

このケースは、土日に優先的に働いてくれる薬剤師がいる場合が該当します。

薬剤師が土日休みの職場に転職する方法

土日は休みたい、とお考えの薬剤師さんはどう転職活動をすると良いでしょうか。

転職するにあたっては、休日のみならず、様々な条件があると思います。

  • 年収
  • 仕事内容
  • 勤務地
  • 役職
  • 処方箋
  • 年間休日数

土日休みであることを優先しつつも、給料が激減したらやはり転職は難しいでしょう。

通勤時間も許容範囲があると思います。
片道1時間半などかかると、厳しいですよね。

土日休みの職場に転職したいけれど、他の条件、待遇も重視したいといった場合には、職場の詳しい情報を得られる転職エージェントを利用する方法が便利です。

職場の詳しい内部情報も教えてくれますし、もし求人票から分からないことがあれば、確認をしてくれます。

面接日の調整などもしてくれますから、転職活動の負担を軽減することが出来ます。

以下は、いずれも非常に多くの薬剤師求人を多く取り扱っており、サポートの手厚さにも定評があります。

ぜひ登録をして、希望条件で職場をお探しになってみてください。

薬剤師求人が豊富な転職エージェント

薬剤師が土日休みの職場に転職成功するポイント

転職先を探す薬剤師

土日休みの職場に転職を目指す場合、転職成功するためにはポイントを抑えて求人探しをする必要があります。

土日に休むことができて、なおかつ生活の質も改善されるような転職が良いですよね。

自分に合った職場を考えてみる

薬剤師資格を活かして働ける、土日休みの職場は多くあることを先ほどご紹介しました。

職場ごとに働き方にも特徴がありますので、しっかりと情報収集をして、比較をしたうえで求人に応募することが必要になります。

調剤薬局で土日休みの職場を探すのか、製薬会社の求人を中心に応募を進めていくのか。

企業薬剤師の求人は全体的に希少ですから、こだわり続けると転職に時間がかかる可能性もあります。

どのくらいの期間で転職活動を見極めるか、なども考えておく必要があるかもしれません。

希望条件をまとめ、優先順位をつける

転職で気になるのは年収ではないでしょうか。

希望の年収、仕事内容、有給休暇取得率、残業時間など働き方にも様々希望があるはずです。

どこまでを譲れない条件とするのか、あらかじめ考えておくと求人への応募の際にぶれなくて済みます。

希望条件を明確にせずに転職活動を進めていくと、応募に一貫性が無くなってしまいます。

求人探しの軸がブレると、なかなか成功するのは難しくなってしまうのです。

土日休みの職場を探すにしても、年収も重視するのか、残業時間の少なさを重視するのか、通勤時間か、など優先順位をつけておくことは重要です。

情報収集を徹底して行う

薬剤師として転職に成功するには、職場の情報収集を徹底的に行うことが欠かせません。

情報収集が不足していると、入職してから、

「想像していた働き方と違った」

「職場の雰囲気が合わない・・・」

転職に失敗した、後悔する可能性が高くなってしまいます。

求人票に書かれていること以外にも、職場の情報を得るために手を尽くしましょう。

出来れば、職場を見学されるのがおすすめです。

転職エージェント経由で職場見学の相談をしても良いですし、調剤薬局の多くは見学に対応しています。

実際に応募するかどうかは別として、見学受付を公式サイト上でフォーム付きで掲載している薬局なども多いですから、探してみてはいかがでしょうか。

薬剤師の年間休日日数

薬剤師の年間休日日数は職場によって差があります。

薬剤師の職場で年間休日日数が少なくなりやすいのは、ドラッグストアと言えます。

年中無休で営業しているドラッグストアチェーンも多いですし、シフトで勤務したり、正社員であれば繁忙期は優先して出勤することもあるでしょう。

有給休暇取得率もあまり高いとはいえない職場もあるかもしれません。

調剤薬局、病院の薬剤師として働く場合には年間休日日数の目安は120日を考えることが出来ます。

土日休みの職場を選んだからと言って、年間休日日数が多いとは限りません。

ゴールデンウイーク、お盆、年末年始などの長期休暇がどれくらいあるのか、といったことも注意して求人を見ると良いでしょう。

ファルマスタッフの土日休みの正社員薬剤師求人

ファルマスタッフの短期派遣

土日休みの薬剤師の職場、正社員求人で探す場合。

情報量が多く、利用をおすすめするのはファルマスタッフです。

約2,300件の土日休みの正社員薬剤師求人が掲載されていました。
(求人を調べるタイミングで異なります)

「週末は家族や友人と過ごしたい!」

「連休がないとプライベートの予定が立てにくい・・・」

ということで土日休みの正社員求人をお探しの薬剤師さんは、ファルマスタッフを利用して情報収集をしてみてください。

情報量が多く、おすすめです。

⇒ 薬剤師の派遣求人・転職なら「ファルマスタッフ」

薬キャリの土日休み薬剤師求人

薬キャリも、土日休みの薬剤師求人が多数掲載されており、情報収集には欠かせないサイトといって良いでしょう。

正社員求人の他、パート、派遣の薬剤師求人を探すこともできます。

土日祝休みの完全週休2日、といったことでも探すことが出来ます。

それでいて高年収の薬剤師求人も多数掲載がありますので、ぜひ活用してみてください。

⇒ 薬キャリ 詳細はこちら

薬剤師も土日休みでライフワークバランスの取れた働き方を

土日休みの働き方になると、生活リズムを作りやすくなります。

プライベートの予定も立てやすいですね。

連休も作りやすくなりますし、祝日の状況、それに有休をくっつけて5連休、6連休なども取得することもできそうです。

ご家族のいる薬剤師さんであれば、家族旅行の計画も立てやすくなりますね。

お子さんとしっかり向き合う時間も取りやすくなります。

自分以外は土日休み、といったご家庭も多いでしょうから、すれ違いを感じることも無くなりますね。

土日休みで働くことが出来ると、ライフワークバランスを取りやすくなります。

時間の無さ、家族のすれ違いがストレス・・・といった方は、ぜひ働きやすい職場、土日休みで働くことが出来る職場をお探しになってみてください。

おすすめ関連記事

病院薬剤師を辞めたい

病院薬剤師を辞めたいという方へ。薬剤師としてもう少し楽に働ける職場、給料も上がる職場への転職活動の方法についてご紹介しています。

薬剤師が時短勤務で働く

薬剤師が時短勤務で働きたい場合に、求人探しに情報を多く得られる、おすすめの転職サイトやエージェントをご紹介しています。

-薬剤師転職
-

© 2022 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5