病院薬剤師を辞めたい

薬剤師転職

病院薬剤師を辞めたい、転職したい

病院薬剤師を辞めたい、そう悩んでいる薬剤師さんは多いでしょう。

新卒の就職先でも人気が高く、中途採用でも人気が高いのが病院薬剤師の求人です。

  • 患者さんに向き合いながら臨床経験を積める
  • チーム医療の経験を積むことができる
  • 病院なら最先端の医療の経験ができる
  • 薬剤師としてスキルアップできる環境

など患者さんの役に立ちたい、という気持ちが強い方や薬剤師として経験をしっかり積みたい、という方からとても人気が高いのが病院薬剤師です。

しかし、病院薬剤師は激務、辛い働き方になる職場も多く求人の人気が高い反面、離職率が高い職場でもあります。

病院薬剤師の理想と現実とのギャップの大きさから辞める方も。

新卒薬剤師が病院に就職して3年も経つと半数以上、退職している・・・といった病院の薬剤部もあるでしょう。

病院薬剤師を辞めたい、病院を退職してもう少し楽に働ける職場に転職したい。

この記事では薬剤師としてもう少し楽に働ける職場、給料も上がる職場への転職活動の方法についてご紹介しています。

病院薬剤師を辞めたい、辛い

新卒薬剤師の就職先でもとても人気が高く、中途採用でもすぐに応募があり採用が決まると言われるのが病院薬剤師の求人です。

その一方で、離職率が非常に高いことも病院薬剤師の特徴ともいえます。

病院薬剤師になって1年目だけれど、もう病院を辞めたいと思っている・・・転職したい、という薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

病院薬剤師を辞めたい理由として多いものとして、

  • 人間関係
  • 労働環境
  • 夜勤
  • 給料の低さ

などが主として挙げられます。

今、病院薬剤師を辞めたいと思っている薬剤師さんは、上記のどれかに関して強く辞めたい理由となっているのではないでしょうか?

もしかすると、全てが退職理由として当てはまっているかもしれませんね・・・。

病院薬剤師を辞めて、もっと楽に働ける職場に転職するには

休日に転職について悩む薬剤師

病院薬剤師を辞めるにしても、薬剤師の仕事を自体を辞めるのは現実的ではないですよね。

薬剤師資格を活かして転職した方が高年収を得やすい、ということも捨てがたいです。

病院薬剤師の経験年数にもよりますが、経験を活かした転職先は次のような薬剤師専門の転職エージェントを利用して探すことができます。

病院薬剤師を1年未満で早期離職する場合も、相談してみてください。

辞めたい理由を解消できる転職先を探すことがポイントになります。

転職エージェントはそのためのサポートをしてくれますよ。

【薬剤師転職エージェント】

といった大手の転職エージェントは薬剤師求人が豊富ですから、転職先を考えやすいのでおすすめです。

求人数の多さでいうなら、ファルマスタッフ、薬キャリ、リクナビ薬剤師。

サポートの手厚さで選ぶならマイナビ薬剤師といったところがおすすめです。

病院薬剤師を辞めたい理由

病院薬剤師を辞めたい理由で多いのは、次のような退職理由です。

夜勤、当直などの負担も大きいため、体調を崩してしまって退職を考える病院薬剤師も多いといえます。

なかなか病棟勤務に携われず、その前に辞めてしまう薬剤師さんもいるようです。

人間関係が悪い

人間関係が難しいのが病院薬剤師ともいえます。

特に新人薬剤師の場合、病院での仕事は覚えることが山のようにあり、ミスもどうしても多くなるものです。

しかしミスが許されない職場でもあり、特にミスに厳しい先輩、看護師からの厳しい指摘などもあるかもしれません。

薬剤師同士の人間関係だけではなく、看護師や医師との人間関係もあることが病院薬剤師を辛くしていることもあります。

病院薬剤師は階級がないため、特に薬局長の人柄の影響が大きく部全体に出るともいわれます。

パワハラ気質な薬局長だと辛さが増すともいえます。

男性の薬局長だと女性薬剤師の悩みを理解できず、ストレスを抱えて悩みを自分一人で抱えてしまう誰にも相談できないで退職・・・といったケースも多いかもしれません。

人間関係は職場によって大きく変わります。

病院は人間関係も複雑です。
様々な専門職が働いています。
それに疲れてしまってということもあるかもしれません。

明らかに新人薬剤師いじめ、パワハラなどが感じられる場合には、転職が最善の方法になることもあります。

病院薬剤師は給料が安い、年収が低い

他の職場と比べて病院薬剤師の給料は安いです。

何年かぶりにドラッグストアや調剤薬局に勤める同級生に会って、給料の話になった時、

「自分の年収の低さに話ができなかった・・・」

という方もいるかもしれません。

新人の病院薬剤師の場合、年収300万円台もあります。

月の給料手取り10万円台、という薬剤師1年目の方も多いのではないでしょうか。
病院薬剤師の働き方は夜勤もありますし激務の割には給料は安いです。
それも退職理由の一つとして挙げられます。

病院薬剤師は診療報酬の影響もあり、仕事量が多くても給料は上がりにくく、昇進もないため基本的に給料は上がりにくい構造となっています。

給料が高いことを希望する場合、最初から規模が大きく病院薬剤師の年収が高めの病院に転職する必要があります。

家族ができて、この給料では生活していけない・・・と病院薬剤師を辞めるケースもあります。

夜勤が辛い

病院薬剤師には夜勤があります。

夜勤があると生活リズムが崩れるため、ずっと体調の悪さを抱えて働き続ける・・・・といった方もいます。

夜勤ならではの仕事のプレッシャーもあるでしょう。

何年経っても夜勤のある生活リズムには慣れることができない、身体が辛い。
という医療関係者は多いです。
(薬剤師さんだけではなく、看護師さんも夜勤が辛くて辞める人は多いですよね)

夜勤があって仕事が大変なのに給料が安い、と考え始めて退職に至る病院薬剤師も多いのではないでしょうか。

責任が重過ぎて辞めたい

病院には様々な患者さんが入院していますし、来院されます。

薬一つで患者さんの生死を左右することもあります。

病院薬剤師の仕事の責任の重さから薬剤師を辞めたい・・・という方もいるようです。

薬剤師自体を辞めてしまう方もいるようです。

この場合、生死に関わる事が少ない診療科の処方箋が多い調剤薬局へ転職する。

ドラッグストアに転職する、といったことで働きやすくなるといえるでしょう。

残業が多い、プライベートの時間が持てない

病院は残業も多い職場です。

休日も不規則になりやすく、プライベートの時間が持てないことにストレスを抱える方も多いでしょう。

勉強会などが時間外にあって帰れない。
休日出勤もあってさらにプライベートの時間が無くなる・・・となるとやはり辛くなります。

さらにサービス残業が多いとなると、精神的もにも身体的にも辛いです。

もっと労働環境の良い職場で働きたい、と転職される病院薬剤師の方は多いといえます。

病院薬剤師の理想と現実のギャップ

病院薬剤師は、他の職場では経験できないことがたくさんあり、薬剤師としてスキルアップするには最適な職場。

と考えて病院への就職を希望されてきた方が多いと思います。

実際、病院薬剤師として就職・転職が決まったとき、これから積めるであろう経験、キャリアについて期待するところもあったと思います。

しかし、ひたすら調剤のみで患者さんと向き合えない毎日。
夜勤が辛い、人間関係が複雑、指摘が厳しすぎて辛い、給料が低くてやってられない、薬局長が苦手・・・など。

真面目で責任感の強い方ほど、ストレスを抱えてしまい精神的に崩れてしまう可能性があります。

理想と現実のギャップの大きいと、退職に繋がりやすいといえます。

病院薬剤師を辞める、1年未満の転職は難しいけれど・・・

病院薬剤師として1年目は特に仕事が辛い時期と言えるでしょう。

特に新人薬剤師として最初の就職先が病院、という方の場合には分からないことだらけ。

1年未満で辞めるのはキャリアとして良くないのは分かっているけれど・・・病院薬剤師はもう無理、辞めたい

という方もいると思います。

病院薬剤師を1年目未満で辞めても、薬剤師としてであれば次の転職先を見つけることは可能です。

ただし、早期離職の後の転職先では、長く働くことがとても大切になります。

早期離職を繰り返すと、さすがに再就職がどんどん難しくなってしまいます・・・。

病院薬剤師を辞めたい理由を明確にする

病院薬剤師を辞めたい理由を明確にして、次の転職先を選ぶことがとても大切です。

辞めたい理由に応じて、転職することがベストなのか、職場に残って環境を改善することが良いのか、もしかすると自分に原因があるのではないか、などを考えることがまず必要になります。

薬剤師は人手不足のため、転職自体はしやすい状況が続いています。

転職するにしても、辞めたい理由を明確にして、それを解消できる職場を選ばなければ早期離職を繰り返す可能性があります。

辞めたい理由が明確になったら、それを解消できる職場を探しましょう。

そのためには、病院や調剤薬局、ドラッグストアの詳しい情報を持つ転職エージェントの情報力を利用する方法がおすすめです。

病院薬剤師から違う職場へ、おすすめ薬剤師転職エージェント

病院薬剤師を辞めて違う職場、調剤薬局やドラッグストアで働きやすい職場に転職したい、となった場合には転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

求人紹介はもとより、詳しい職場の内部情報も得ることができますし、履歴書や職務経歴書の添削、応募先に合わせた面接対策などもサポートしてもらうことができます。

【薬剤師転職エージェント】

薬剤師1年目、第二新卒の転職にも薬剤師転職エージェントがおすすめ

病院薬剤師を1年未満で辞めたい、どうしても無理、転職したい、といった方もいると思います。

薬剤師1年目で転職をする場合、経験が浅いため、採用を敬遠する職場もたしかにあります。

即戦力と考えてもらうことは難しいですし、採用してからの教育の負担を考えると経験1年目未満の薬剤師を採用するのは避けたい。

それが1年目の薬剤師は転職が難しい、という理由となります。

しかし経験が浅い薬剤師であっても、やる気・熱意がある人材なら採用したいという職場もあります。

それを紹介してもらえるのが、薬剤師専門の転職エージェントとなります。

早期離職後は、面接対策がとても重要です。

面接対策についても、転職支援を専門とする薬剤師転職エージェントの担当者からアドバイスを受けることで成功率を高めることができます。

先ほどご紹介した薬剤師専門の転職エージェントを利用されて、ぜひ自分に合った職場への転職を成功させてください。

-薬剤師転職
-, ,

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5