異業種転職を目指す薬剤師

薬剤師転職

年間休日130日、薬剤師の休みが多い職場の探し方

悩む薬剤師
薬剤師の職場で年間休日130日以上のところってあるのかな?今までの職場が休みが少なすぎたから、しっかり休みが取れる職場に転職したい・・・!

薬剤師の年間休日が多い職場をお探しでしょうか?

働く職場によって、休みが少なくて辛い・・・といった薬剤師さんも多いと思います。

プライベートの時間が取れない、家族とすれ違いが多くて辛い、休みが少ないのでリフレッシュできないし疲労も蓄積されていく一方・・・

休みが少ない分、給料が高ければまだ頑張りがいもあるかもしれません。
しかし、年間休日が多い職場とそう変わらない職場が多いでしょう。

次の職場は年間休日が多い職場で働きたい。

家庭と仕事の両立をするためにも、休みが多い薬局などで働きたい

中には、年間休日130日といった職場もあります。

年間休日が多い薬剤師求人を見つけるために役立つ転職エージェントやサイトについて、ご紹介をしています。

給料が高く、働きやすい職場を探したい。
そんな薬剤師さんは、ぜひ活用してみて頂けたらと思います。

年間休日130日、薬剤師の休日数が多い転職先

休みが多い薬局に転職した薬剤師

結論から言うと、年間休日が130日以上の薬剤師求人は希少です。

しかし、存在します。

お住いのエリアで年間休日130日以上の調剤薬局の求人が見つかるかどうかは、タイミングによるところが大きいと言えるでしょう。

希望の求人に出会える確率を高めるには、複数の転職エージェントや転職サイトを利用することが重要になります。

実際に年間休日130日といったことで探すと、見つかりやすい職場としては、調剤薬局が挙げられます。

例えば、利用するなら求人数が多いエージェントがおすすめです。

などがあります。

休日数が多い薬剤師求人は人気が高いため、非公開求人になっている可能性もあります。

非公開求人は一般の転職サイトなどでは見られないため、エージェントに登録をして紹介を受けるなどの必要があります。

【年間休日130日・週休2.5日】

【年間休日130日以上!】

などの表記で求人を見つけることができます。

求人を検索できるサイトであれば、ぜひ条件から探してみてください。

もしくはエージェントの担当者に「年間休日が130日」といった希望を伝えて、求人が出てきたら連絡してもらうといった方法もおすすめです。

年間休日数が多い職場、薬剤師の転職先を見つけるには

薬剤師求人が豊富な転職エージェント

年間休日が130日以上、といった求人は希少になります。

しかし、無いわけではありません

薬剤師が完全週休2日制、週休2.5日など休みが多い職場の求人を探すには、求人数が豊富な転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

というか、求人数が多い転職エージェントを利用することが前提とも言えます。

非公開求人もありますしエージェントに希望の働き方、仕事内容などの条件ありで相談することもできます。

自分一人で転職先を探すよりも条件に合った転職先を見つけられる可能性が高く成ります。

次の転職エージェントは、いずれも非常に多くの薬剤師求人を多く取り扱っており、サポートの手厚さにも定評があります。

ぜひ登録をして、休日の多い職場をお探しになってみてください。

⇒ ファルマスタッフ

⇒ 薬キャリ

⇒ マイナビ薬剤師

薬剤師の休日事情

薬剤師の休日について

薬剤師の休日ですが、働き方によって変わってきます。

希望の休み方ができる職場を選んで働くことが重要です。

事前に働き方をしっかりと抑えて、求人票をチェックしてみてください。

週休2日制

週休2日制とは、月に1回以上週2日の休みがあることをいいます。

完全週休二日制とは異なりますので、注意が必要です。

完全週休2日制

完全週休2日制は、毎週2日の休みがあることを言います。

一般的に休日の曜日表記はありません。
その場合、土日休みの職場が多いようです。

他の曜日が休日の場合は記載があることが多いです。

「水曜日、日曜日が休み」

「日曜日と平日いずれかの曜日1日休み」

といった具合です。

4週8休制

4週8休制も時折見る勤務形態です。

休みの日数から見ると、完全週休2日制に近いと感じますが、4週間(28日)のうち休みが8日ある休暇制度のことです。

ですから、1週間のうちで休日の日数は不規則です。

週に1日だけ休日の場合もあります。
週に3日休みといったこともあるでしょう。

それが連休になると良いですが、飛び石で休みになると疲れも取れず、不規則な生活になってかえって疲れるかもしれません。

年間休日130日で働ける薬剤師のメリット

年間の休みが多いと、様々なメリットがあります。

特に今まで休みが少なくてストレスを抱えていた薬剤師さんは、働きやすさから家族に優しくなれた、といったようなこともあるかもしれません。

リフレッシュできて生産性が上がる

休日がしっかり取れる働き方ができると、疲労が取れ、気持ちもリフレッシュできるので仕事に集中しやすくなります。

結果として仕事の生産性が上がる方が多くなるでしょう。

職場での働き方が評価されて、昇進に繋がる可能性もあります。

ライフワークバランスが取りやすい

休日が多いことでプライベートの時間、家族の時間を確保しやすくなります。

時間の無さは気持ちの余裕のなさに繋がりやすいのです。

育児と仕事の両立がしやすい

薬剤師が不足している職場、一人当たりの業務量が多い職場に勤めていると、残業も多くなりやすいですし休日も減るかもしれません。

お子さんがいるママ薬剤師にとって、子供に向き合う時間が少ないのはストレスの原因になることが多いでしょう。

休みが130日以上あると、週末、祝日としっかり休めます。

ゴールデンウイークやお盆、年末年始も長めにとれる職場が多いでしょうから、家族の計画も考えやすいのではないでしょうか。

休みが多い職場は残業も少ない傾向があります。

それも、仕事と育児の両立のしやすさに繋がります。

薬剤師の職場別、休み日数

職場別、薬剤師の休みはどのようになるのでしょうか。

なんとなく、ドラッグストアは休みが少ないのでは・・・といったイメージをお持ちの方もいるかと思います。

しかし年間休日数は勤務する企業にもよりますので、実際に調べて比較をすることが大切になります。

有給休暇の取りやすさも重要ですね。

調剤薬局

調剤薬局は薬剤師の職場の中でも平均的に年間休日数は多い職場といえます。

年間休日数120日以上で募集を行っている調剤薬局も多く、中には年間休日数130日以上という薬局もあります。

とはいえ、必ず土日休みという職場ばかりとは限りません。

週休2.5日の薬局もありますから、休日についてはしっかりと確認されることが大切です。

ドラッグストア

ドラッグストアは全体的に調剤薬局よりも年間休日数が少ないと言えます。

平均して年間休日110日以上となるところが多いでしょう。

ドラッグの場合、年中無休で営業しているドラッグストアチェーンも多いため、思ったように連休が取れない可能性があります。

どういった働き方になるか、面接などでもしっかり確認することが必要でしょう。

例えば、募集要項に掲載されている休日は、

ツルハドラッグ 年間113日(月9~10日)
ウエルシア 年間116日
サンドラッグ 年間休日116日(週休2日制)
マツモトキヨシ 年間休日116日(月9~11日)2年目以降休日、休暇122日以上

となっています。
(2022年8月11日時点の情報です。最新情報は各サイトにてご確認ください)

病院

病院も薬剤師の職場としては年間休日が少ない職場と言えそうです。

大学病院、総合病院など入院患者が多い場合、休日もシフトで勤務といったケースが多くなります。
当直もあるでしょう。

病院の規模、入院患者の状況によって薬剤師の勤務状況も変わりますので、事前の情報収集が欠かせません。

企業薬剤師

民間企業の多くは土日休み、祝日休みです。

そのため、年間休日日数は125日など多い企業が多数です。

ただし、業界・業種によっては繁忙期などは休日出勤がある可能性もあります。

有給休暇が取得しやすければ年間休日はさらに上積みできますから、結果として年間休日130日以上にできる職場となります。

有給休暇が取りやすい企業かどうかは、転職エージェント経由で情報を貰うことが可能です。

企業薬剤師の求人数は元々少ないので、次のような大手サイトを利用しての情報収集をおすすめします。

  • 土日休み
  • 年間休日120日以上
  • 残業無し

といった条件で薬剤師求人を探すことが出来ますので、とても便利です。

ぜひ活用してみてください。

年間休日130日の職場は希少?

薬剤師の職場の中でも年間休日130日以上は非常に休みが多いですよね。

週休完全2日制、祝日休み、長期休暇も相場よりも長く取れそうです。

その分、希少性は高いと言えます。

例えば、薬剤師求人数が業界トップクラスの薬キャリでは、

「年間休日130日」の求人は150件見つかりました。

ファルマスタッフで調べてみると、

「年間休日130日」

の求人は29件でした。

ワークライフバランスの取れた働き方を希望される薬剤師さんは、こうした転職サイトを複数利用して、情報収集されることをおすすめします。

1つのサイトで探すよりも、希少性の高い条件で探す場合には複数利用がおすすめです。

薬剤師、年間休日130日など休みが多い転職先の探し方

職場の年間休日は変えようがありません。

今、年間休日が100日程度の職場で働いていて、年間休日130日にしてほしいと上長に交渉しても無理ですよね。

正社員では無理と言われるのが落ちです。

年間休日の多い職場へ転職することをお考えになっている方もいらっしゃると思います。

その場合、次にご紹介する薬剤師専門の転職エージェントを利用して、職場探しをされるのがおすすめです。

年収や仕事内容、残業など年間休日の他の条件も伝えて、調剤薬局などの職場探しをサポートしてもらうことが可能です。

薬キャリで休日が多い薬剤師求人

薬キャリは業界トップクラスの求人数を掲載。

年間休日の多い薬剤師求人が多数掲載されています。

実際、年間休日130日で調べた際、多くの求人が見つかったのが薬キャリでした。

情報収集には欠かせないサイトといって良いでしょう。

年間休日120日以上の条件で薬剤師求人を探すことが可能です。

フリーワード検索で年間休日130日で探すことが出来ます。

正社員求人の他、パート、派遣の薬剤師求人を探すことも可能です。

土日祝休みの完全週休2日、といったことでも探すことが出来ます。

薬キャリには、高年収の薬剤師求人も多数掲載がありますので、ぜひ活用してみてください。

⇒ 薬キャリ 詳細はこちら

ファルマスタッフで休日が多い正社員薬剤師求人を探す

ファルマスタッフ年間休日120日以上

情報量が多く、利用をおすすめするのはファルマスタッフです。
年間休日130日以上の薬剤師の求人も探すことがます。

土日休みの正社員薬剤師求人も多数掲載。

年間休日130日以上の求人は希少ですから、お探しのエリアによってはなかなか見つからないことも。

年間休日120日以上でも探したい場合には、ぜひファルマスタッフも活用してみてください。

全国の求人に対応しています。

⇒ 薬剤師の派遣求人・転職なら「ファルマスタッフ」

マイナビ薬剤師で年間休日が多い求人を探す

正社員での薬剤師転職ならマイナビ薬剤師もおすすめです。

年間休日120日以上の薬剤師求人を非常に多く取り扱っています。

年間休日120日以上、なおかつ土日休み、月残業10時間以下などワークライフバランスを重視したい薬剤師さんにおすすめの求人も多数あります。

年間130日以上の求人を探す場合、担当コンサルタントに希望条件をお伝えになると良いでしょう。

⇒ 薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

年間休日130日、薬剤師の休みが多い職場 まとめ

薬剤師の職場の中でも年間休日130日以上と休みが多い職場の探し方についてご紹介をさせていただきました。

なんどか記事中でも述べていますが、年間休日130日以上の薬剤師求人はレア求人と言えます。

効率よく情報収集をするために便利なのが、記事中でご紹介した薬剤師転職エージェントの利用です。

ぜひ利用してみてください。

おすすめ関連記事

病院薬剤師を辞めたい

病院薬剤師を辞めたいという方へ。薬剤師としてもう少し楽に働ける職場、給料も上がる職場への転職活動の方法についてご紹介しています。

薬剤師が土日休みの職場に転職するには

薬剤師が土日休みの職場に転職するには。
ライフワークバランスを取りやすい土日休みの調剤薬局やドラッグストアの薬剤師求人を見つけるために、おすすめの転職エージェントをご紹介しています。

-薬剤師転職

© 2022 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5