辞めようか悩む薬剤師

薬剤師転職

薬剤師1年目で辞めたい、転職は不利?

薬剤師1年目だけど、もう転職したい
今の職場を辞めたい・・・という方も多いと思います。

薬剤師1年目で辞めたい、でも転職に不利になるのでは?という気持ちがあり、転職活動に踏み切れない。

新卒薬剤師として就職した以上すぐに辞めるのではなく、その職場で3年は頑張った方が良いということも言われます。

確かに薬剤師1年目で辞めて転職をするのは不利です。
早期離職してしまうと、その後の転職活動で不利になることが多くなってしまいます。

とはいえ、そうした早期離職のデメリットを分かった上でこの職場で薬剤師として働くのは辞めたい・・・と悩んでいるのでしょう。

薬剤師1年目の転職は不利にはなりますが、可能です。
その際、次の職場で絶対に気をつけたいことがあります。

また人物重視で採用してくれる薬局やドラッグストア、企業などからの薬剤師求人をしっかり選ぶこと。

そして退職理由の伝え方、志望動機などしっかり準備をすることで薬剤師1年目でも転職に成功することは可能です。

薬剤師1年目 辞めたい、転職したい

薬剤師1年目で辞めて転職する人もいます。

ですから新卒薬剤師だから転職は無理、新卒で入社して1年未満の経験しかないから転職は無理、といったことはありません。

薬剤師はまだまだ需要が高く、1年未満の経験でも転職することは可能です。

とはいえ、そう何度も転職を繰り返してしまうことだけは避ける必要があります。

転職にあたり、気をつけることがあります。

記事中でご紹介している薬剤師転職エージェント

薬剤師1年目の転職では、情報収集がとても大切です。

仕事を辞めたい理由を次の職場でも繰り返してしまうのだけは避けたいですよね。

それには薬剤師専門転職エージェントの持つ情報を利用することが必要不可欠といえます。

職場の雰囲気、残業時間、年収、働き方に関して知りたいことを確認してもらうことができます。

1年目の薬剤師の転職にも活用をおすすめしたい、転職エージェントです。

【薬剤師転職エージェント】

転職活動をされるのでしたら、職場の詳しい情報を持つ転職エージェントの活用が成功のためのポイントになります。

今の職場を辞めて転職するか、まだ実は迷っている・・・といった場合でもまずは相談から、という利用方法もおすすめです。

情報を集めてみて、転職せずに今の職場でもう少し頑張ってみるという選択肢もあります。

薬剤師1年目で転職するのはあり?なし?

「1年未満」で退職したという経歴は今後の転職活動には確かに不利です。

しばらくは転職活動をする度に、

どうして早期離職してしまったのですか?

と面接で質問されることになるでしょう。

「採用してもすぐに辞めるのではないか」「忍耐力が無い人ではないのか」「コミュニケーション能力に問題があるのかもしれない」

といったようなことを思われてしまう可能性がどうしてもあります。

また入社して数ヶ月、半年といった短期間で辞める場合には、やはり経験が浅くスキルが身に付いていないと考えられます。

そのため中途採用後にも教育が必要な新人薬剤師ということになるため、採用を避けられることもあります。

そういったことなどから薬剤師1年目の転職はデメリットが多いといえますが・・・そうはいっても辞めたい、もう今の職場は無理、といったケースもあるでしょう。

無理して働き続けることで、体調を崩してしまう、精神的にとても辛い状況になってしまいそうであれば転職も考えた方が良いと思います。

どんな仕事をされている方にも当てはまるのですが、心身の調子を崩してしまう働き方は避けられた方が良いです。

辞めたい理由を明確にすることがまず最初に大切と言えます。

薬剤師1年目の転職でも不利になりにくい理由

早期離職となる薬剤師1年目の転職。

しかし、不利になりにくい転職理由もあります。

その転職理由とは、

・引越による転職(パートナーの転勤など)

・入社前の条件と異なる労働環境・異動

・勤務先の業績が大幅に悪化

などです。

いずれの転職理由もしっかりと説明することで納得してもらいやすいものです。

長く働けることをしっかりアピールすることで、採用のハードルは下がるといえます。

引越による転職(パートナーの転勤など)

配偶者の転勤による転職の場合には、どれくらいのスパンで異動があるのか、それとももう転勤は無いのかといったことも伝えることが大切です。

短期間で異動がある企業にお勤めの場合もあるでしょう。

その場合には、薬剤師派遣の働き方も検討してみてください。

薬剤師派遣の働き方であれば、

がおすすめです。

業界最大級の派遣薬剤師求人となります。

薬剤師1年目、多い退職理由

薬剤師1年目で辞めたい、多い退職理由としては次のようなものが挙げられます。

人間関係、労働環境が原因で辞めたい薬剤師さんが多いと言えます。

人間関係が原因で辞めたい

薬剤師の退職理由で多いのが人間関係です。

本当に職場の人間関係が悪いなら、早く辞めた方が良いかもしれません。

大手調剤薬局やドラッグストアチェーンの場合であれば、異動希望を出すことで解決されることもあります。

人間関係は労働環境を大きく左右します。

新人薬剤師は知識もなくどうしても失敗が多くなりがちです。
また質問も多くなるのは仕方ないといえるでしょう。

しかし、人間関係が悪いと質問しても教えてもらえません。

結果、ミスをして怒られる、責められる。

仕事が辛くなる、さらに質問しにくくなる・・・といった悪循環が待ち受けています。

職場によっては、新人薬剤師いじめ、パワハラ、教育体制が整っていないためにミスを極度に恐れてしまう場合もあるでしょう。

人間関係の良い職場も多いのですが・・・職場によって大きく違うといえます。
運、ともいえるかもしれません。

大手調剤薬局、ドラッグストアチェーンなど複数の店舗経営の場合には異動願いが聞き届けられると解決できる可能性がありますが、異動の理由が噂になる可能性もあります。

そうなった場合には結局、退職・転職を選ぶという可能性も・・・。

人間関係が極度に悪い場合には、結局は転職が最善の解決策になることは多いといえるのではないでしょうか。

人間関係は薬剤師の退職理由に限らず、退職理由として常に上位にあるといえます。

労働環境が辛くて辞めたい

労働環境も職場によって大きく差があるのが現状です。

薬剤師1人の仕事量が多すぎるため、残業時間が長いのが当たり前。・・・
また薬剤師の人数が少ないため休憩が取れない、といったことも毎日のこととなると、退職理由となるケースもあります。

忙しいドラッグストア、店舗の場合には休憩が合計して30分ほどしか取れない・・・といったこともあるでしょう。

残業時間に関しても、不満を持つ薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

サービス残業、という職場もあるかもしれません。

激務なのに給料が安い・・・という不満にもつながっていきます。

病院薬剤師の方の場合には、夜勤・当直も大きな負担になっているのではと思います。

忙しいのに給料が安い

勤務時間が長い、毎日残業があって退勤時間が遅いのに給料が安い・・・ということも、薬剤師さんによっては退職理由となることがあります。

特に病院薬剤師の方は給料が安いですし、働き方も夜勤ありで負担が大きいと感じている方も多いでしょう。

また、調剤薬局も就職先によって大きく給与差があるといえますね。

「奨学金」を利用して卒業している場合、生活費がさらに少なくなってしまいますから給料が安いことは、すなわち生活が苦しいということになります。

奨学金は返さなければなりませんが、経済的に大きな負担です。

第二種の奨学金だと返済月額も大きな金額になっている薬剤師さんもいるでしょう。

大きな負担になりますよね・・・それも長い返済期間です。

1年目ということで給料は安いのは仕方ない・・・と思っている薬剤師さんも多いとは思うのですが、長時間労働の割に給料が低過ぎる場合には、転職を考える薬剤師さんも少なくありません。

薬剤師1年目で転職するときの注意点

薬剤師1年目で転職するときに、注意したいポイントがあります。

特に短期での転職を繰り返すことのないように、しっかりと転職先を選ぶ必要があります。

1回目の職場を短期離職するからこそ、次の職場では長く働くことが大切です。

空白期間を作らない

基本的には、転職先は在職中の間に決めることをおすすめします。

退職すれば時間はできますが、無収入です。

転職先が思ったように決まらず、空白期間が長くなると次第に貯金を切り崩すことにもなるでしょう。

お金がどんどん減っていくと、どこでも良いから転職しないとマズイ・・・と気持ち的に追い詰められることにもなります。

焦って転職を決めると、失敗する可能性が高くなってしまいます。

また空白期間が長くなると、採用担当者からニート期間が長いと思われてしまったり、働けない事情があったのではと思われてしまうかもしれません。

空白期間が長いと、採用して大丈夫なのだろうか?と思われてしまうこともあります。

1年未満で転職したら次の職場では長く働くことが大切です

就職して数ヶ月、半年など1年未満で辞めて転職をする以上、次の職場では長く働くことが大切です。

最初の職場を数ヶ月で短期離職して、次の職場も1年未満で辞めてしまうと転職癖のある人という印象しか持てません。

採用担当者が一番避けたいのは、短期離職する人材です。

そうしたことになってしまわないように、最初の職場を1年未満で辞める場合には、次の職場では長く働くことがとても重要です。

情報収集の不足が薬剤師の転職失敗につながる

薬剤師は1年未満でも転職先を見つけることが可能です。

ただし、注意すべき点があるということは先ほどご紹介しました。

長く働くことが出来る職場、今の職場を辞めたい理由を解消できる職場に転職することが重要です。

そのためには、職場の詳しい情報を得ることが欠かせません。

興味を持った転職先の情報は、細かいことであっても確認することが大切ですね。

薬剤師転職エージェントを利用していれば、職場の詳しい情報を持っていることが多いですし、分からないことに関しては代わりに確認してもらうこともできます。

自分で転職サイトを利用して求人を探す場合には、限界があります。
分からない点を直接電話して聞く、といったことをされる薬剤師さんは少ないでしょう。

面倒ですしね。

そのため、情報不足になる可能性もあります。

転職エージェントを利用する場合、職場の見学に行くことができることもあります。
(ただし外出自粛の状況によっては、難しい可能性もあります)

実際に見学すると分かることも多いので、もし可能であれば職場見学をされることをおすすめします。

新人薬剤師として働いた経験が既にあるのですから、転職にあたり、確認しておくべきことなどは分かっているのではないでしょうか。

次の転職では、しっかり長く働けることを重視して、調剤薬局やドラッグストア、企業選びをされることをおすすめします。

薬剤師1年目の転職、成功するには

薬剤師1年目の転職を進めていくために重要なのは、

  • 退職理由を明確にする
  • 薬剤師1年目で転職するデメリットを理解する(それでも転職したいかどうか)
  • 情報収集をしっかり行う

特に、退職理由を明確にすることは大切です。

もしかすると、自分自身も反省すべき点があるかもしれません。

その場合、次の転職先でも再び短期離職を繰り返す可能性もあります。
自分自身のコミュニケーションの取り方、ミスした時のカバーの仕方など、反省した方が良かった点が見つかった場合には、次に活かすことが大切ですね。

次の職場こそ、しっかり長く働きたい。
そう思っている薬剤師さんは多いのはないでしょうか。

転職目的がぶれないことも大切

転職に成功するために、

転職目的がぶれないこと

も重要です。

薬剤師求人を色々と見ていると、つい給料が高い高待遇のドラッグストアなどに目移りしてしまって・・・といったこともあるかもしれません。

しかし、ドラッグストアの働き方が嫌で辞めるのであれば、よくよく慎重になる必要があります。

辞めたい理由が解消されるであろう職場に転職をすることが最重要です。

そのためには職場の詳しい内部情報が必要です。

情報収集には薬剤師転職エージェントの活用がおすすめです。

職場の詳しい情報を得て、求人に応募するかどうかを判断しやすくなります。

薬剤師1年目、第二新卒の転職に強い薬剤師専門の転職エージェント

今の病院を辞めたい。

職場が調剤薬局やドラッグストアかもしれません。

薬剤師1年目で転職をする場合、情報収集が大切です。

また長期的なキャリアも考えた上で転職先を考えられると良いですね。

さらに面接突破のために、ポジティブな転職理由に結びつけてアピールすることが必要です。
面接官に良い印象を与えることが可能となります。

転職エージェントを利用すること、応募先に合わせた面接対策などについてもアドバイスを受けることができます。

それらサポートにより、1年目の転職であっても成功率を高めることができます。

ぜひ、薬剤師として長く働くことができる職場への転職を成功させてください。

【薬剤師転職エージェント】

-薬剤師転職
-

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5