ドラッグストアの薬剤師

薬剤師転職

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい!

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい、そう思って転職サイトを何度も開いて調剤薬局の求人を見たり、他のドラッグストアの薬剤師の待遇を調べてみたり・・・

薬剤師の仕事を辞めて他の会社へ転職するとしたら、どんな仕事があるのかな?と検索してみたり。

薬剤師1年目で転職を考えている方も多いと思います。

2年目、3年目で自分のこれからの薬剤師としてのキャリアを考えて、ドラッグストアの薬剤師を辞めたいと考えている方もいるでしょう。

長い期間勉強をして、高い学費をかけ薬剤師となりドラッグストアに就職。
しかし・・・薬剤師らしい業務が出来ていないことに悩んでいる。

激務、人間関係が悪く辞めたい、転勤したくない、といった理由から退職に悩む薬剤師さんもいるかもしれませんね。

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい理由もいろいろとあると思います。

薬剤師の資格を活かしてドラッグストアから転職するのでしたら、転職先はもちろん多数あります。

薬剤師を辞めてキャリアチェンジ転職をしたい方もいるかもしれません。

それぞれの転職に役立つ転職エージェントをご紹介いたします。

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい理由

休日に転職について悩む薬剤師

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい理由として多いのは、

  • 調剤業務に携わることが少ない(薬剤師の知識を活かせない)
  • 労働時間が長い、残業が多い、退勤時間が遅い・・・
  • 休日が少ない、土日に休めない
  • お客さんの接客が辛い、クレーム対応が辛い
  • 人間関係が悪い
  • 薬剤師一人あたりの業務業が多過ぎる

といったことなどが多く挙げられます。

あなたがドラッグストアの薬剤師を辞めたい理由も、いくつか当てはまる退職理由があるのではないでしょうか?

薬剤師が辞めたい場合、今の職場に不満があることが多い

薬剤師が辞めたい場合、薬剤師の仕事自体を辞めたいのではなく、

今の職場に不満がある

ことが大半でしょう。

ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は調剤薬局の薬剤師よりも100万円以上が高いこともあります。

病院薬剤師の平均年収と比較すれば、さらに高額な年収を貰っている薬剤師さんも少なくないでしょう。

薬剤師が高年収を得るなら、ドラッグストアといえます。

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい

しかしドラッグストアの薬剤師を辞めたいと考えている人も少なくありません。

薬剤師が辞めたい場合、今の職場に不満があるケースがほとんどです。

勢いで辞表を出す、退職の意思を上司に伝える、といったことをする前に「辞めたい理由」を明確にすることが後から後悔しないためにも大切です。

薬剤師を辞めて異業種転職した結果、人生を転落した・・・ということになる可能性もあるかもしれません。
(とはいえ、ブランク期間が長くなりすぎなければ、再就職しやすいのも薬剤師のメリットではありますね)

「ドラッグストアの年収の高さは魅力、これから子供たちの学費も本格的に必要になってくる時期だし・・・」

といったような場合には、他のドラッグストアへの転職を検討されても良いでしょう。

人間関係が良い職場、調剤併設ドラッグストアへの転職。

管理薬剤師が辛いのであれば、一般薬剤師として高年収のドラッグストアへ転職を考えるなど、退職理由が明確になれば転職先を考えやすくなります。

大手のドラッグストアに勤務されている場合、異動が多かったり転勤もあります。

それが原因で辞めたい薬剤師さんも多いのではないでしょうか?

ドラッグストアの薬剤師を辞めて、転職できる?

ドラッグストアの薬剤師を辞めて、転職することはもちろん可能です。

薬剤師は基本的に人手不足ですから、需要が高い状況が続いています。

ただ転職のしやすさはありますが、男性薬剤師も、女性薬剤師も今後のキャリアや人生設計を考えて転職先を選ぶことが大切になりますね。

確かに薬剤師は他の職種の方と比べると転職がしやすいのですが・・・転職の回数が増えると転職は次第に難しくなってきます。

雇用主としては、長く働く薬剤師を採用したいと考えます。

また転職する場合、目先の働き方だけではなく、将来の薬剤師としてのキャリアについても考えて転職先を考えたいです。

薬剤師として将来のキャリアも考えながら転職先を選ぶことも大切

将来、調剤薬局を開業したいのか、薬剤師として40代、50代でどんなキャリアを目指して行きたいのか。

もしくはライフワークバランスを重視した働き方をしていきたいのか、など。
男性薬剤師の方でも、子育てにガッツリ関わりたいという方もいるでしょう。

それを考えると、残業が多く土日祝日の出勤が多いドラッグストアは辞めるといった選択肢も出てきますよね。

女性の薬剤師さんも、結婚・出産・子育てなどライフステージによって働き方が変わる可能性がありますが、あらかじめママ薬剤師に理解がある産休・育休取得率が高く復職しやすい職場に転職しておくといった方法もあります。

薬剤師の年収に関しては、薬剤師が充足する都市部であっても、人手不足の調剤薬局に関しては高給与で求人が出されています。

比較的、転職のしやすい職種だからこそ転職先選びには気をつける必要がある、といえると思います。

ドラッグストアの薬剤師を辞めて転職、情報収集には転職エージェントの活用がおすすめ

ドラッグストアの薬剤師を辞める。
薬剤師の資格・経験を活かして転職先をお探しになる。

そういった場合、自分だけの力で転職先を見つけるのは、情報収集の面から考えても大変です。

転職エージェントを利用されて自分に合った転職先を探してもらう方法をおすすめします。

【薬剤師転職エージェント】

など、薬剤師の転職には大手エージェントの利用が求人数も多くおすすめです。

多くの薬剤師求人の情報を得られることで、職場の比較をしやすくなります。

退職理由を解消できる転職先を選ぶことが大切ですね。

長時間残業、土日、祝日の勤務など過酷な労働環境に疲れた、という薬剤師さんは派遣薬剤師として高収入を得ながら、残業の無い働き方をする期間があっても良いかもしれません。

その場合、ファルマスタッフが求人が豊富です。

短期間であれば、派遣薬剤師として働く期間があってもそこまでキャリアに大きくは影響しないと考えられます。

ファルマスタッフは正社員求人、派遣も豊富なエージェントです。
働き方を相談しながら職場を探すことも可能です。

薬剤師専門の転職エージェントを利用するメリット

薬剤師の転職

ドラッグストアの薬剤師を辞めるに至っては、退職理由があるはずです。

辞めたい原因を解消できる転職先を選ぶことが、最も大切となりますね。

そのためには、情報収集がとても大切です。

次の転職先で同じような不満を持ち辞めることだけは避けなければなりません。

転職失敗は嫌ですよね・・・早期離職は避けたいです。

そのためには、転職先の詳しい情報を得て応募を判断することが大切です。

職場の内部情報に詳しい、薬剤師転職エージェントなどを利用される方法がおすすめです。

転職した方が良いか、客観的にアドバイスを貰うことができる

転職エージェントを利用するといっても、必ず転職しなくてはならないということはありません。

また今すぐ転職に利用しなくても構いません。

半年後、1年後の転職を見据えての情報収集でもOKです。

薬剤師専門の転職エージェントには、多くの薬剤師さんが様々な事情を抱えて登録されています。

様々な転職支援の経験を通して、キャリアコンサルタントには様々な知識やノウハウが蓄積されています。

退職しない方が良い辞めたい理由、といったこともあるでしょう。

本当に転職が必要な薬剤師さんなのか、今の職場を辞めずに解決策はないか、といったことも相談が可能です。

希望条件に沿った薬剤師求人を紹介して貰える

転職エージェントには、多くの薬剤師求人があります。

非公開求人もあります。

薬剤師さんが自分で情報収集をしても限界があるため、転職エージェントを利用して希望条件に沿った薬剤師求人を紹介してもらった方が良いでしょう。

条件交渉も代わりにしてくれます。

職場の人間関係、本当に残業時間が少ないのか、といったことは自分では聞きにくいですよね?

そうしたことも、キャリアコンサルタントに代わりに聞いて貰うことができます。

応募書類の作成、面接対策のサポート

良いと思った薬剤師求人が見つかったら、応募のための準備が必要です。

転職エージェントを利用して応募する場合には、

・履歴書、職務経歴書の添削

・応募先に合わせた面接対策

など転職が成功するように、サポートしてもらうことができます。

病院、調剤薬局、ドラッグストアなど転職先に合わせたアドバイスを貰えるのも転職エージェントを利用するメリットです。

それぞれの転職先に合わせたアピールをしなくては、内定を貰うのは難しくなってしまいます。

薬剤師専門 おすすめ転職エージェント

薬剤師に特化した転職エージェントが多数ありますので、利用をおすすめします。

いずれも大手エージェントで薬剤師求人が豊富です。

サポートの手厚さなどで考えると、評判が良いのはマイナビ薬剤師です。

薬キャリ、ファルマスタッフは求人数が業界トップクラス。

リクナビ薬剤師もサポートの手厚さでおすすめです。

次の転職先を調剤薬局、病院、治験関連の企業など、薬剤師資格を活かして探した場合には、非公開求人も含めて探す必要があります。

薬剤師専門の転職エージェントを利用された方が良いでしょう。

【薬剤師転職エージェント】

ドラッグストアも辞めて薬剤師も辞める(キャリアチェンジ)

中には、ドラッグストアも辞めたい、薬剤師自体を辞めたい、という方もいらっしゃると思います。

薬剤師の仕事が自分には向かなかった・・・という場合もあるでしょう。

異業種転職を目指す場合におすすめしたいのは、総合的に様々な業界・業種の求人を扱っている大手転職エージェントです。

未経験OKの求人もありますので、転職可能性を考えやすいでしょう。

転職エージェントを利用する場合、面接での退職理由の伝え方、志望動機、今後のビジネスなど受け答えに関してのアドバイスを貰うことができます。

特にキャリアチェンジ転職の場合、

退職理由と志望動機

はとても重要です。

ポジティブに答える必要があります。

多くの転職希望者をサポートしてきたエージェントの客観的なアドバイスの活用はとても重要といえます。

自力で転職活動をしてみて、書類選考で落ちることが多くて悩んでいる方もこうした大手転職エージェントを活用してみてください。

【転職エージェント】

-薬剤師転職
-, ,

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5