異業種転職を目指す薬剤師

薬剤師転職

薬剤師を辞めて違う仕事へ転職したい

悩む薬剤師
薬剤師を辞めて違う仕事へ転職したいなって思って・・・薬剤師と関係ない仕事への異業種転職、未経験の仕事へのキャリアチェンジってやっぱり難しいよね・・・?でも、可能性があるなら転職を諦めたくないな。

薬剤師を辞めて違う仕事へ転職人も多いです

薬剤師を辞めて違う仕事、未経験の違うキャリアへ転職する。

そういった道もあります。

薬剤師として調剤薬局やドラッグストア、病院といった職場で働き続けることが、どうしてももう無理。
このまま薬剤師として働き続けることをイメージできない・・・
といった場合。

また、実は他にやりたい仕事があって転職したい気持ちが強くなってきて・・・という方もいるかもしれません。

薬剤師を辞めて違う仕事に転職される方も実際、いらっしゃいます。

定年の年齢もこれからどんどん伸びそうです。

それを考えると、この先20年、30年とまだまだ働くことになります。
自分らしく働くことが出来る、やりたい仕事にチャレンジするのも一つの選択と言えます。

薬剤師資格があるということに縛られず、違う仕事への転職をお考えであれば、転職活動をしてみることをおすすめします。

その結果、実際に薬剤師から異業種転職をするにしても、やっぱり薬剤師として仕事を続けることになったとしても、一度転職活動をしたことで気持ちに整理つくことは多いですよ。

薬剤師を辞めて、どんな仕事へ転職できる?

辞めようか悩む薬剤師

薬剤師資格を活かして働くのであれば、やはり薬剤師として働くのが稼げますし安定しています。

しかし、薬剤師としてのキャリアに魅力を感じず、辞めて違う仕事をしたいと考えている方にとっては、薬剤師を続けていくことが辛いかもしれません。

お客さんの対応、仕事のミス、医師とのコミュニケーションに疲れた、職場の人間関係が辛い・・・など。

このまま薬剤師を続けていくのなら、違うキャリアに挑戦したい!

といった気持ちが少しずつ大きくなっている、という方も多いかもしれません。

薬剤師を辞めてどういった仕事に転職できるか、というと様々な仕事に転職を目指すことが出来ます。

それに、薬剤師資格を活かして働ける職場で考えていくと、調剤薬局やドラッグストア、病院以外にもあります。

せっかく取得した薬剤師資格、活かして働くという選択肢もあります。

例えば、製薬会社、化粧品メーカー、健康食品メーカーなどは薬剤師資格を持つ人材を歓迎しています。

薬剤師資格を持つ人材を歓迎、需要があるということは、年収もそこまで落とさずに転職ができる可能性がある、ということになります。

後ほど、詳しく異業種転職、仕事について紹介したいと思います。

薬剤師を辞めて違う仕事へ転職する方法

薬剤師からの異業種転職

薬剤師を辞めて、違う仕事へ転職を目指したい場合には、次のような転職活動の方法があります。

どの方法を利用しても転職することは可能ですが、おすすめは転職エージェントを利用する方法です。

在職しながら転職活動をする方も多いと思います。

その場合、転職活動のための時間を作るのが大変ですよね。
求人探し、応募の手続き、面接日の調整など・・・

そうしたことを代わりに行ってくれるのが転職エージェントです。

時間を効率よく使うことが出来ますし、転職エージェントには非公開求人があります。

そうした非公開求人の紹介を受けられるようになるのも、メリットです。

転職エージェントを利用して転職する

薬剤師から違う仕事へ転職をする、といった場合には、転職エージェントの活用をおすすめしています。

内定獲得までサポートしてもらうことができます。

転職エージェントの利用は無料です。

利用をお勧めするのは、求人数が多い大手転職エージェントです。

複数の転職エージェントを利用したことがありますが、求人紹介をしっかりしてくれて、サポートも手厚いのは大手転職エージェント、と言える結果でした。

紹介できる求人が無いと、次第に疎遠になります。
求職者、エージェント、お互いに。

おすすめは次の転職エージェントです。

上から求人数が多い順でご紹介しています。

40代の薬剤師さんは、DODAがおすすめです。

DODAは40代の転職活動にもおすすめなのです。
求人が多いですし、コンサルタントもしっかりサポートしてくれます。

40代になると転職エージェントに利用を断られることが多くなりますが、DODAはそういったことはあまり無いです。

おすすめの転職エージェントです。

転職サイトを利用して転職する

リクナビNEXT、マイナビ転職などの転職サイトを利用することで、多くの求人情報を得ることが出来ます。

転職サイトのメリットは、自分のペースで転職活動ができることです。

転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーがサポートに付いてくれますが、連絡が来たら返事をしなくてはなりませんから、それが時に面倒に感じることもあるかもしれません。

また求人へも自由に応募することが出来ます。

転職エージェントの場合には、応募にストップがかけられることもあるのです。

それはメリットに捉えられることもありますが、応募しても選考に通過する可能性が低い時です。

転職サイトを利用した場合、企業選びや応募については自分で行う必要がありますが、挑戦したい企業があれば、自由に応募をすることができます。

ただ、転職サイトをメインの転職活動の方法とする場合には、自己管理ができていないと途中で活動をしなくなっていく可能性があります。

ハローワークを利用して転職する

転職活動をする時、ハローワークを利用して求人を探すことも可能です。

ハローワークのメリットは、各自治体に設定されているため、地方であっても利用できることです。

特に地方の中小企業にとっては、ハローワークはとても重要な求人掲載媒体になっています。

無料で掲載が出来ますし、地元で就職、転職を考えている方が利用するケースが多いためです。

インターネットの求人サイトには載っていない求人が見つかる、という意味ではハローワークのメリットと言えるでしょう。

ただし、求人の質についてはあまり良くないため、自分で徹底的に情報収集をする必要はあるでしょう。

窓口で相談しても、あまり企業の情報が得られませんから応募の判断に迷うこともありそうです。

薬剤師の異業種転職先

薬剤師としての経験を活かして転職を目指すことで、大きく年収ダウンすることを避けることが出来ます。

次にご紹介する仕事の中では、高年収なのはMRです。

専門性を高めてキャリアアップを目指すこともできる職種ですので、検討されている薬剤師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

他にも、様々な職種への転職を目指すことが出来ます。

こうした職種の求人は、一般の転職サイトでは掲載が少ないため、転職エージェントを利用して探す方法がおすすめです。

MR(医薬情報担当者)

製薬会社のMR(医薬情報担当者)として活躍する道です。

MRとなるのに特別な資格は不要です。
しかし、薬剤師資格があると、医薬品に関しての知識がある、と医師からも認めてもらいやすいため、製薬会社から人材価値が高まっています。

MRの平均年収は約700万円です。

薬剤師よりも高年収となるため、年収アップが実現しやすいともいえます。

人の役に立ちたい、といった気持ちを持つ方にとっては、医薬品の情報提供で医療業界に貢献できる仕事であり、専門領域も多種あります。

MRの求人情報得たい場合、求人自体がそこまで多い訳ではないため複数の転職エージェントの利用をおすすめします。

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)も薬剤師としての知識、経験が評価されやすい職種です。

CRCの仕事は、医療機関と製薬会社、患者さんの間に立ち、薬の開発試験である治験がスムーズに進行するように、サポートを行うことです。

新薬開発に携わることが出来る仕事です。

未来の患者さんを救える仕事につながるため、社会貢献度が高い仕事が出来ます。

実際、薬剤師資格をもちCRCとして活躍される方も多いです。

化粧品メーカー

化粧品メーカーからも薬剤師の需要があります。

薬学知識が求められる業務が増えており、そこで薬剤師の需要が高まっています。

研究開発、営業・販売といった部門などに配属されて働くことになります。

薬機法に関連した仕事も重要です。

薬剤師としての知識、臨床経験など、化粧品メーカーでも活かして働くことが出来ます。

食品メーカー

薬剤師の転職先として、食品メーカー、健康食品メーカーといった選択肢もあります。

食を通じて多くの人の健康を支える仕事、というやりがいもあります。

食品メーカーで働く薬剤師は、素材、製品の安全性や食品添加物の分析・研究などを行ったり、品質管理などの業務を担当します。

様々な人と関わった仕事になりますから、そうした働き方を希望される薬剤師さんは検討されてみてはいかがでしょうか。

公務員薬剤師

公務員薬剤師として働く道もあります。

大きく分けると国家公務員と地方公務員の2種類があります。
国家公務員として働く場合、「麻薬取締官」という職種も。

公務員薬剤師として働くメリットは、安定性、福利厚生の充実、年収が勤続年数とともに上がる、といったところでしょうか。

ただし、募集が少ないのが公務員薬剤師のデメリットです。
倍率が高くなる傾向が強いため、対策をすることが大切になります。

公務員ですから副業も禁止となります。

コールセンター

コールセンターで活躍する薬剤師もいます。

製薬会社や医療機器メーカー、医薬品卸会社、といった企業のコールセンターです。

薬局や病院からの問い合わせに対して対応する業務を担当します。

取り扱う医薬品に関して、正確な知識や情報を提供するために薬剤師の資格を持つ人材が歓迎されます。

薬剤師が違う仕事へ異業種転職するときの注意点

薬剤師を辞めて違う仕事、異業種転職をする時には気を付けたい注意点がいくつかあります。

年齢にもよりますが、薬剤師の今の仕事を辞めたいから、と安易に転職を決めてしまって、転職後に後悔するのは避けたいですよね。

転職してどう自分の生活が変わるのか、薬剤師の仕事を辞めたい理由は改善されるのか、年収はどう変化するか、など様々なことを考えて決断することが大切です。

また、思っているよりも転職の難易度は高くなります。
そうしたことも知っておいて、転職の準備を進めることが転職成功には欠かせません。

転職は簡単ではない

薬剤師の転職活動

薬剤師資格を持っていること、薬剤師の経験を評価してくれる職種への転職ではない場合、未経験者として転職は不利になることが多いです。

中途採用の転職では、基本的に経験者、即戦力となる求職者が優遇されます。

未経験の異業種転職を目指す場合、前職の経験やスキルを活かせない場合には書類選考で落ちることも多くなります。

決して転職は簡単ではない、ということを肝に銘じて転職活動を進めることが必要です。

特に、30代を超えると即戦力であることが求められるようになります。

40代を超えての転職になると、未経験の職種への転職は非常に難易度が高いです。

仕事を辞めてから転職活動をすると、無職の期間が長くなってしまい生活に困窮する可能性がありますので注意が必要です。

求人が少ない

薬剤師として転職を考えた場合、まだまだ人手不足の状況が続いており調剤薬局やドラッグストアの求人は探しやすいと言えます。
(とはいえ、40歳以上の薬剤師転職は厳しくなりつつあるようですが・・・)

企業薬剤師として転職をしようと思うと、求人自体が少なくなってしまいます。

また求人への応募も、薬剤師以外の求職者も増えます。

即戦力となる経験者、第二新卒といった市場価値の高い人材との競争になるかもしれません。

未経験の職種への転職は難易度が高くなりますので、しっかりとした準備が必要になります。

また企業薬剤師の求人は東京、大阪といった都市部に集中しています。

地方では応募先をどう見つけるか、といった問題もあり転職の難易度をさらに高くしています。

薬剤師が違う仕事へ転職するメリット

薬剤師が異業種転職をするメリットをご紹介します。

視野が広がる

薬剤師の転職理由として、

「仕事の単調さ」

を挙げる方もいます。

基本的には、薬剤師の業務内容は単調です。

転職した場合、勤務する企業によりますが様々な人と関わり、業務を進めることになります。

結果として視野が広がり、色々な気づきを得られることが、仕事のやりがいにもつながります。

自分が成長しているという実感が得られると、仕事も楽しくなりやすいというのはありますね。

視野を広げるために転職したい、といった方も中にはいると思います。

職種によっては高年収を狙える

薬剤師の年収は、年齢が上がるとともに停滞しやすくなってきます。

管理薬剤師になるか、昇進するかしなければ年収が頭打ちになる方が多いでしょう。

異業種転職をした場合、中には薬剤師よりも高い平均年収の職種もあります。

勤め先の企業にもよりますが、MRなどは特に平均年収700万円となり、実績次第ではさらに高年収を狙うこともできます。

臨床開発モニターなども高年収の仕事です。

薬剤師から営業職として転職する場合も、高年収が狙いやすい職種です。

薬剤師を辞めたい理由として、年収が低いといったことがある方は、転職によって年収アップができる求人を中心に探してみてください。

将来的にどう年収カーブが上がっていくか、といったことも調べると良いかもしれません。

薬剤師が未経験、異業種転職に成功するポイント

調剤薬局やドラッグストア、病院で働く薬剤師の仕事から異業種転職を成功させるには、次のようなポイントを抑えて転職活動をすることが大切です。

転職理由を明確にする

どうして今の職場を辞めて転職したいのか、転職理由を明確にすることが重要です。

転職理由を明確に伝えられない・・・といった場合には、まず辞めたい理由を紙やスマホアプリに箇条書きで良いので書き出してみましょう。

この時点ではネガティブな転職理由で大丈夫です。

まとまったら、ポジティブな転職理由に変換していきましょう。

転職理由は面接でも必ず質問されますので、しっかり答えられるようにハッキリとさせておきましょう。

希望条件に優先順位をつける

転職活動をする際、希望条件がいろいろとあると思います。

  • 年収
  • 仕事内容
  • 勤務地
  • 転勤の有無
  • 通勤時間
  • 福利厚生
  • 産休・育休取得率
  • 有給休暇取得率

など、全ての希望を満たすことができる職場って、滅多にありません。

何かしら妥協して転職先を決めることになります。

譲れない条件を決めて、それ以外は満たせたら良いくらいの考えで転職活動をするのがポイントです。

転職エージェントを利用する

転職活動に慣れている方は一人で進めても良いと思いますが、そうではない薬剤師さんは、転職エージェントに相談しながら転職活動を進めると良いでしょう。

  • 求人紹介
  • あなたの市場価値はどうか
  • 応募書類の準備のチェック・アドバイス
  • 面接の準備
  • 面接日の調整

などをサポートしてくれます。

応募先の企業についての情報も詳しく教えてもらえますから、検討材料にできます。

また応募先企業の求める人材像と違い、選考が難しい場合には、率直に教えてくれるケースも多いです。

そうして自分の市場価値を図っていくこともできます。

また、転職エージェントを利用することで背中を押してもらうこともできます。

一人だとついモチベーションが下がって転職活動からフェードアウトしてしまいそうな時も、転職エージェントとのやり取りが発生して、また転職活動を継続できる、といったことがあります。

非公開求人へのアプローチができることも、転職エージェントを利用するメリットの一つです。

企業の情報収集を徹底的に行う

異業種転職をする場合、企業の情報収集を徹底的に行うことが大切です。

その内容を応募書類に反映させることはもちろん、面接での質問対策にもつながります。

また実際に転職した後、

思っていたのと違った・・・

と後悔しないためにも、情報収集を徹底することは大切です。

ただし、転職サイトの口コミは過度に信用しないほうが良いでしょう。
基本的には辞めた人の口コミはネガティブになることが多いためです。

転職後に後悔しないためにも、企業の情報収集は納得できるまで徹底的に行うことをおすすめします。

薬剤師を辞めたいと思ったらすぐに転職した方が良い?

薬剤師の今の仕事を辞めたい・・・!

と思ったら、すぐに行動するのが良いのでしょうか。

結論としては、今の職場の労働環境がブラックで精神的・体力的に厳しくて参ってしまいそ・・・

といった場合には、すぐに辞めた方が良いかもしれません。

しかし、そこまで追い詰められていない場合には、働いて収入を得ながら考えた方が良いでしょう。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録をしてみて、情報収集をしながら考える期間を持つことをおすすめします。

求人情報と今の職場を比較してみて、本当に辞めたいのかどうか、転職したい気持ちが冷めることなく1ヶ月、2ヵ月と持続しているのかどうか、など。

転職について考える時間を持つ方が、後から後悔しないで済むと言えます。

今の環境を変えて薬剤師の仕事を続けたい場合

色々と求人を調べてみて、やはり薬剤師の仕事は続けたい。

でも、今の職場は辞めたい。

といった場合、薬剤師専門の転職エージェントを利用して、希望条件に合った職場を探す方法をお勧めします。

例えば、次にご紹介する転職エージェントは薬剤師専門、非常に多くの調剤薬局やドラッグストア、中には企業の求人もありますが、職場の情報を提供してくれます。

転職理由を満たせる転職先を探すことが出来ます。

ファルマスタッフは調剤薬局やドラッグストアの求人が業界トップクラスに多いです。

薬キャリも求人数の多さが魅力です。

マイナビ薬剤師は企業の求人、異業種の求人も取り扱いがありますから、どちらも検討したい薬剤師さんにおすすめです。

薬剤師専門の転職エージェント

薬剤師を辞めて転職、まとめ

薬剤師の仕事を辞めて異業種転職をしたい、という薬剤師さん向けに、

  • 転職活動の仕方
  • 転職エージェント
  • 転職成功のポイント

といったことをお伝えいたしました。

自分に合った転職先を見つけることで、より仕事にやりがいをもって、生き生きと働いて毎日を過ごせるようになります。

薬剤師から異業種転職を目指すことも可能です。

薬剤師として、今よりも働きやすい環境への転職を目指すことも可能です。

どちらがより自分にとって良い選択肢なのか、求人を実際に比較しながら考えることで考えがまとまってくることは多いです。

ずっと迷っているくらいであれば、まずは行動してみることを強くおすすめします。

その際には、ご紹介したような転職エージェントや求人サイトを利用してみてください。

-薬剤師転職
-,

© 2022 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5