薬剤師アルバイト

薬剤師アルバイト

薬剤師夜間バイトの探し方

薬剤師の夜間バイトの探し方ですが、薬剤師に特化した求人サイトを利用する方法がおすすめです。

薬剤師の夜間バイト・パートの仕事は好条件、高時給の求人も多いため稼ぎたい薬剤師さんにはおすすめの仕事といえます。

また夕方から夜間といった時間帯の薬剤師バイトもありますので、掛け持ちバイト・Wワークをお探しの方にもおすすめの働き方となります。

ただし、利用する薬剤師求人サイトによってはあまり求人が見つかりません。

そこで、どういった薬剤師求人サイトを利用すると、効率良く夜間バイトの求人情報を得られるかをご紹介いたします。

薬剤師夜間バイト求人の探し方

薬剤師転職エージェント

薬剤師夜間バイトですが、時間帯としては18時~22時、遅くても18時~23時といった勤務時間帯を想定して求人をお探しになっている薬剤師さんが多いと思います。

時給が高くなる夜間のお仕事は、短時間であっても稼げますね。

時給3,000円前後となる高時給の求人が見つかることもあります。

そのため、夜間に働くことが都合が良い薬剤師さんから需要のあるアルバイト求人となっています。

夜間の薬剤師バイトで探す場合、ドラッグストアが見つかることが多いですが、職業柄、女性が多い薬剤師の勤務が多い職場にしてみると夜間バイト専門で働ける薬剤師を歓迎するところもあります。

病院では夜間パート・バイトとしては募集は見ることはほぼありませんね。

夜間だけ働いても対応が難しいためとなります。

薬剤師夜間バイト求人の探し方については、アルバイト求人サイトは非常に多く実際に薬剤師の求人も掲載されている場合もあるのですが、専門的な職業柄、薬剤師に特化した求人サイトを利用して職場の情報などもしっかり確認しながらアルバイト先を比較・検討される方法がおすすめです。

薬剤師夜間バイトで見つかる職場は、ドラッグストアが中心

薬剤師の夜間バイトで見つかる職場は、主にドラッグストアとなります。

ドラッグストアは夜間も営業しているところが多いですし、最近では調剤ありのドラッグストアも増えてきています。

そのため、夜勤シフトで働ける薬剤師の需要も増えているということになります。

調剤薬局でも時々、営業時間の長いところもありますが、その場合には店長やオーナーが薬剤師、といった薬局も多いため夜間バイトとしてはあまり募集を見ることが出来なかったりします。

ただ、数は少ないですが調剤薬局でも薬剤師の夜間アルバイト募集も求人サイトでは見つかりますので、職場として調剤薬局をご希望になっている薬剤師さんはぜひ情報収集をしてみてください。

薬剤師の夜間バイトをお探しになる際に、求人数が多く情報収集におすすめなのは次にご紹介するような求人サイトとなります。

薬剤師の夜間バイト・パート、おすすめ薬剤師求人サイト

薬剤師の夜間バイト・パートなど、高時給の求人を探したい時におすすめ薬剤師求人サイトです。

ファルマスタッフ



薬剤師バイト探しで、条件的に求人数が少ない場合には、ファルマスタッフのような薬剤師求人数、業界トップクラスのところを利用されることをおすすめいたします。

ファルマスタッフは、薬剤師派遣のみならず正社員での転職、パート・アルバイトの求人数も豊富ですから、希望条件でお仕事が見つかる可能性が高いです。

「夜間のみ」で薬剤師求人を探したとき、ファルマスタッフが最も求人が見つかるのではと思います。

「夜間のWワークも歓迎」

「夜間のみ希望の薬剤師さん応相談」

といった薬剤師求人も探すことが可能です。

ファルマスタッフ週1の薬剤師バイト

ファルマスタッフは日本調剤グループの薬剤師転職支援サービスです。

多くの実績がありますし、正社員、パート・アルバイト、派遣薬剤師と幅広く求人紹介に対応しているため、利用しやすいと思います。

パート・アルバイトの薬剤師求人についても求人数が豊富で、情報収集にとてもおすすめです。

⇒ ファルマスタッフを利用して薬剤師求人を探してみる

薬キャリ

業界最大級の看護師求人サイト、薬キャリです。

22時営業のドラッグストア、調剤薬局の薬剤師パート・アルバイト求人を探すことが出来ます。

エムスリーグループとして、圧倒的な知名度があり薬剤師派遣、募集などに利用している企業、調剤薬局なども多いです。

また、多くの人材紹介会社、派遣会社の求人を横断して探すこともできるため圧倒的な求人数から探す事が出来ます。

薬キャリでは全国の薬剤師求人を豊富に掲載、情報収集におすすめです。

⇒ 薬キャリを利用して薬剤師求人を探してみる

リクナビ薬剤師

大手転職エージェント、リクナビ薬剤師でも薬剤師のパート・アルバイト求人が豊富に取り扱いがありますので、情報収集に活用出来ます。

ただ、薬剤師さんがご自分でお探しになるには詳細な条件(フリーワード)が設定出来ないため、リクナビ薬剤師にご登録後に、担当コンサルタントに希望条件をお伝えになり探してもらうことをおすすめいたします。。

調剤併設のドラッグストア、OTCのドラッグストアなどの求人情報も豊富に掲載があります。

⇒ リクナビ薬剤師を利用して薬剤師求人を探してみる

東京都の薬剤師 夜間バイト

東京都は調剤薬局の数も多いですし、大手薬局チェーンも多数の店舗を展開していることから、夜間の薬剤師アルバイト求人も見つけやすいエリアといって良いでしょう。

様々な条件で探しても、東京都は求人が多く見つかるエリアとなります。

薬剤師の時給は東京都は安い傾向がありますが、時給アップする夜間バイトであれば、しっかりと稼げるのではないでしょうか。

WワークOK、掛け持ちOKの夜間バイトについても情報収集しやすいと思います。

大阪府の薬剤師 夜間バイト

大阪も調剤薬局やドラッグストアが多いため、関西エリアの中では夜間バイトを見つけやすいエリアといえるでしょう。

大阪市、豊中市などを中心として大阪の薬剤師求人を探してみてください。

薬剤師の掛け持ちバイト、夜間アルバイトなら可能?

薬剤師が収入アップしようと思った場合、転職か副業・ダブルワークか、といった選択肢になると思います。

今の勤務先の年収が、よほど平均年収よりも安い、職場に不満があって辞めたいと思っている、といった場合には転職を選ばれるかと思うのですが、そこまででは無い場合にはやはりダブルワークでしょう。

薬剤師の夜間バイトは、求人によりますがバイト開始が18時~22時、といったドラッグストアなどもあります。

そのため、昼間の職場が副業禁止でなく、残業が無い職場であれば掛け持ちバイトもしやすいといえます。

バイト・パートの掛け持ちとなる薬剤師さんで、扶養や税金の支払いを気にされている方は、稼ぐ金額などには注意が必要です。

薬剤師の夜勤・夜間バイトは高収入を稼げる!

薬剤師の夜間バイトは時給アップしているドラッグストアや調剤薬局もありますし、22時以降の勤務については深夜手当もつき高収入が得られる働き方です。

多くの職場では22時、もしくは23時の営業時間となりますが、深夜まで営業を行っている場合もあります。

24時間営業の職場も数は少ないですが求人が見られることもあるようです。

薬剤師アルバイトの中でも高時給の働き方となりますので、短時間、週に少ない日数のアルバイトでもしっかりと稼ぐことが出来るのは魅力といえるでしょう。

この記事では、薬剤師の夜間バイト・パート、おすすめ薬剤師求人サイトとして、

をご紹介しました。

こうした薬剤師専門の求人サイトを活用されて、ぜひ希望条件で働ける夜間バイトの薬剤師求人をお探しになってみてください。

-薬剤師アルバイト
-,

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5