薬剤師のアルバイト

薬剤師アルバイト

薬剤師バイト掛け持ちはOK?

薬剤師でバイトを掛け持ち、ダブルワークしている方もいます。

時給が高い薬剤師ですから、掛け持ちバイトをすることでかなりの年収アップを実現する方もいらっしゃいます。

掛け持ちOKのアルバイト先となる調剤薬局やドラッグストアの薬剤師求人を探す場合、利用する求人サイト選びが重要となります。

また、薬剤師がバイトを掛け持ちするために抑えておきたいメリット・デメリット、避けたいリスクなどもご紹介します。

薬剤師がバイト掛け持ちしたい理由

掛け持ちバイト先を探す薬剤師

薬剤師がバイトを掛け持ちする場合、やはり一番の目的は、

収入アップ

だと思います。

収入アップしたいという目的があって、その他にも、

  • 違う薬局や職場で働いてみたい
  • 今の職場では得られない経験を積むため
  • 次の転職先の検討材料にするため

といった理由がある薬剤師さんも多いのでは、と思います。

場合によっては調剤薬局やドラッグストア以外のアルバイトを掛け持ちでお探しになっている薬剤師さんもいらっしゃるかも知れませんね。

管理薬剤師の副業は禁止ですが、薬事に関わらない仕事である場合は副業は可能となります。

公務員薬剤師の方は副業は一切禁止となっています。

薬剤師はバイト掛け持ちできる?

結論としては。薬剤師が掛け持ちバイトをする場合、今の雇用形態が正社員の場合、Wワーク、副業しても良いかを確認することが必要です。

パート・アルバイト薬剤師として働いている場合、基本的には支障が無ければ掛け持ちOKとなる場合が多いですが、念のためにバイト先の就業規則は確認されておいたほうが安心です。

企業によっては、就業規則を正社員だけではなく、非正規雇用までカバーした内容で作成している場合があります。

後々のリスクを避けるために、念のために就業規則は確認されておいた方が安心と言えるでしょう。

薬剤師が掛け持ちバイトを探すための、おすすめ薬剤師エージェント

そして、実際に薬剤師が掛け持ちバイトを探すためには、どういったエージェントを利用すると良いでしょうか。

忙しい仕事の合間に自分で求人を調べて応募する、というのは大変です。

それに直接、自分で応募することのデメリットがあります。

掛け持ちバイトを希望するのは自宅近くのドラッグストアや調剤薬局が多いと思いますが、今後、転職やアルバイトで応募したときに難易度が上がる可能性がある、ということです。
(そこまで気にしなくても良いかもしれませんが、採用担当者次第ともいえそうです)

エージェントを利用して探してもらう場合、匿名で掛け持ちバイトがOKかを確認して貰えますし、代わりに膨大な求人から掛け持ちバイト先を探して貰えます。

薬剤師さんのメリットは大きいといえます。

薬剤師が掛け持ちバイトを探す場合、利用をおすすめするのはパート・アルバイト求人にも強いエージェントです。

ファルマスタッフ

掛け持ちバイトを希望される場合、まずおすすめしたいのはファルマスタッフです。

ファルマスタッフ週1の薬剤師バイト

といったように、

週1からアルバイト可【夜間・掛け持ちOKの求人特集】

もあるくらい、夜間・夕方~/週1日~/土日勤務のみ歓迎など、掛け持ち希望の方や薬学生向けの求人を多く保有しています。

ファルマスタッフのようなエージェントに相談をされることで、働きたい夕方の時間帯、土曜日のみ、日曜日のみ、といった希望条件でも掛け持ちバイト先が見つかりやすくなるといえるでしょう。

後日、もし転職のタイミングがあった場合にも求人が多いですから相談しやすいと思います。

⇒ ファルマスタッフを利用して薬剤師求人を探してみる

薬キャリ

業界トップクラスの薬剤師求人を取り扱う薬キャリも、掛け持ちバイト先をお探しになる際には便利です。

「Wワークにもおすすめ」

「掛け持ち可」

といったパート・アルバイト薬剤師求人を探すことが出来ます。

薬キャリは求人数が多いので、お住まいのエリアで探しやすいと思います。

掛け持ちバイト先をお探しになる歳に、ぜひ活用してみていただきたいエージェントです。

⇒ 薬キャリを利用して薬剤師求人を探してみる

薬剤師の掛け持ちバイト先、おすすめの職場

薬剤師求人の中で、掛け持ちOKで見つかることが多い職場は、

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

となります。

病院薬剤師の方で、将来的に年収アップのためにドラッグストアや調剤薬局へ転職をお考えになっている方も多いと思います。

より転職して働くことに興味のある職場を副業先に選んでみても良いかもしれません。

ドラッグストアは夕方、夜間の薬剤師バイト募集が多い

正社員の薬剤師として働いている場合、掛け持ちでアルバイトをするには就業後、夕方や夜間のアルバイトを探すか、もしくは土日の週末に働ける職場を探す必要があります。

ドラッグストアはいずれの場合にも条件に当てはまるチェーン、店舗が多いですから探しやすいのではないでしょうか。

調剤併設のドラッグストアも増えています。

20時、21時まで営業しているドラッグストアは非常に多いですし、店舗によっては22時~深夜まで営業している店舗もあります。

薬剤師も複数のシフトを組んで勤務していますが、特に夜間、深夜に短時間や週1日でも働ける薬剤師を募集している場合も多いです。

掛け持ちでも支障が無く働ける、といった場合には歓迎されることも多いでしょう。

Wワーク可の調剤薬局

調剤薬局もお店によっては夕方~夜間まで開局しているところもあります。

調剤薬局が併設しているクリニックが遅くまで診療していたり、年中無休の場合には、クリニックに合わせた営業時間としている場合も多く、短時間勤務の薬剤師をバイト募集していたり、土曜、日曜に1日勤務出来る薬剤師を募集していることもあります。

調剤薬局は数が多いですから、そういった意味では求人が多く見つかる地域も多いのではないでしょうか。

平日なら短時間の掛け持ちバイトとなりそうですから、体力的には楽に働くことができそうです。

調剤薬局は門前、近隣にある病院やクリニックによって扱う処方箋が変わりますから、触れてみたい診療科があれば、エージェントに希望として相談されることをおすすめします。

薬剤師がWワーク・掛け持ちバイトするメリット・デメリット

薬剤師さんが掛け持ちバイトをするメリット、そしてデメリットもあります。

掛け持ちでアルバイトをされる場合には、稼ぎが増えると同時に休息する時間が減りますから、デメリットについても抑えておかれると、失敗したと思うことも減るのではないでしょうか。

メリット.高時給なので高収入を得られる

薬剤師はパート・アルバイトも他の職種よりも高時給です。

曜日、時間帯によっては時給3,500円以上でも求人が見つかることがあります。

通常でも時給2,500円~3,000円でバイト求人が見つかることが多いですから、週1日の掛け持ちバイトでも高収入が期待できます。

メリット.新しい知識を身に付けられる

掛け持ちバイト先を選ぶ必要がありますが、今までに扱ったことが無い診療科の処方箋に触れることも出来るでしょう。

新たな知識、経験を積むチャンスと捉えて、調剤薬局の求人をお探しになることも出来ます。

メリット.転職を検討しながら働ける

今までと違う職場で働くことで、掛け持ちバイトではあっても、その職場での仕事の進め方、薬剤師の役割、業務内容を理解することは出来るでしょう。

もし将来的に転職をお考えになっているのであれば、検討材料にすることができると思います。

デメリット.疲労が溜まる

掛け持ちでアルバイトをするということは、本来であれば休息する時間や休日に働くことになりますので、疲労が溜まりやすくなります。

夕方、夜間バイトであれば、睡眠不足になる可能性もあります。

双方の仕事に支障が出ないように、気をつける必要があります。

デメリット.田舎は掛け持ちバイト先を見つけるのが難しいかも

都市部の場合、調剤薬局もドラッグストアも多いですし夜間営業、土日も営業しているドラッグストアなども多いですね。

その分、掛け持ちバイト先を見つけやすいといえます。

しかし地方都市、田舎の場合には職場自体が少ないため、掛け持ちしたくてもアルバイト先が見つからない可能性があります。

複数のエージェントや求人サイトを活用しての情報収集は大切といえるでしょう。

薬剤師バイト掛け持ちで働くには

薬剤師が掛け持ちでアルバイトをするために気をつけたい点、求人を見つけるためにおすすめエージェントなどをご紹介いたしました。

ご紹介したエージェントは、

となります。

ぜひ活用されて、条件に合う掛け持ちバイト先をお探しになってみてください。

-薬剤師アルバイト
-,

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5