高時給の薬剤師派遣

薬剤師派遣

薬剤師 時給4000円 高時給派遣の見つけ方

時給4000円の薬剤師派遣のお仕事があります。

時給4000円で週5日、1日7時間勤務だとすると、例えば月に20日稼働した場合には月収56万円となります!

前年の住民税などもありますし手取りとなるともう少し金額は減りますが、それでも正社員として働くよりもかなり、高額な給与を得ることが出来ます。

高時給で働けることは、派遣薬剤師の大きな魅力です。

この記事では、こうした時給4000円などを含む高時給の派遣薬剤師求人が見つかりやすい、おすすめの薬剤師派遣会社についてご紹介しています。

薬剤師の時給4000円!高額派遣のお仕事

薬剤師の時給4000円以上の高額派遣のお仕事ですが、実際にあります。

とはいえ、全ての派遣会社が豊富に高時給のお仕事を扱っているわけではなく、利用する薬剤師派遣会社は選ぶ必要があります。

例えば、高時給で薬剤師派遣の求人に強いのがファルマスタッフですが、希望の時給(時給4000円以上)を簡単に設定して全国の求人情報を見ることが出来ます。

⇒ ファルマスタッフ

ファルマスタッフ 求人の条件設定

時給4,000円~の結果がこちらです。
(2020年6月22日時点の情報となります)

ファルマスタッフ 時給4000円の結果

また、薬キャリでも時給4000円~といった派遣のお仕事を指定して検索することが簡単にできます。

⇒ 薬キャリ

薬キャリ 時給4000円

時給4000円の薬剤師派遣、募集されている地域について

時給4000円以上といった高額派遣のお仕事は、やはり時給が高い理由があります。

都市部では滅多に見ることができないような時給ですよね。

例えば、どういった派遣先でのお仕事になるかというと、

ファルマスタッフ 高時給の案件

ファルマスタッフ 高額派遣

といったように基本的には地方の調剤薬局が派遣先となります。

高時給を支払っても薬剤師に来て欲しい地方の調剤薬局

都市部でも薬剤師不足、と言われています。
しかし時給を相場より高くする、働き方にメリットを提示する、勤務時間応相談、といったことで求人の出し方を工夫すれば、応募が増えることが大半です。

そのため、都市部では時給3,000円以上で十分、高時給に感じると思います。

地方ではさらに深刻な薬剤師となっています。

そもそも、その地域に薬剤師が他に住んでいないことも多く、都市部から働きに来て貰わないと成り立たないケースもあります。

そのため、地方の派遣薬剤師求人のほとんどは、

住居付き+赴任費用あり

となっています。

高給与が得られる働き方となりますので、

「地方で働きながら、将来の薬局の開業資金を貯めたい」

「半年~1年ガッツリ働いて稼いで、しばらく休んでリフレッシュする」

といった働き方も可能です。

中には、どの地域で開業するかのリサーチも兼ねて全国の様々な地域で働いてみる、といった目的を持って高時給の派遣薬剤師求人について情報収集されているケースもあるようです。

北海道、四国、九州ばかりではない高時給の薬剤師派遣

私が今まで見たことがある薬剤師派遣での高時給の案件は、時給6,000円です。

さすがに北海道の田舎、四国の田舎といったように遠方での派遣先でしたが、そこまで遠方での派遣先ではなくても、比較的、近いエリアで時給4000円の派遣が見つかることもあります。

意外と近隣エリアでも薬剤師不足に困っている調剤薬局はあります。

  • 交通の便が悪い
  • 少し遠方

こういった条件で薬剤師が働きに来てくれない・・・といったケースはあります。

滋賀県、三重県、岐阜県、茨城県、愛知県などは意外と時給4000円~といった高時給の派遣が見つかるエリアです。

時々ですが、大阪府で時給4000円~といった高時給の薬剤師募集が見られることもあります。

都心部からもそれなりに近いエリアで高額時給の派遣先をお探しになっている薬剤師さんは、派遣会社にぜひ相談してみてください。

時給4,000円など、高時給の薬剤師求人を探すなら派遣が一般的

掛け持ちバイト先を探す薬剤師

高時給」というと時給額をいくらでイメージされますか?

都内であれば、時給3,500円~といった金額でしょうか。

とはいえ、都市部では時給3,000円以上は少ないという印象をお持ちではと思います。

薬剤師が充足していて、募集をかけると集まりやすい東京や大阪、といった都市部では薬剤師の時給は低く抑えられている傾向があります。

低い場合でも時給2,600円以上などで働きたいところです。

しかし薬剤師を募集しようにも応募があまりない、といったような人手不足の地方は多く、そうした地域では薬剤師を早期に確保する必要があるために高時給で派遣会社に依頼をすることがあります。

時給4,000円以上など、高時給の薬剤師派遣で働きたい場合には基本的には地方を中心に求人をお探しになる必要があります。

ただし、都市部でも交通の便があまり良くないエリア、急募で薬剤師を派遣して欲しい事情がある調剤薬局などでは時給4,000円前後で募集がかかることもあります。

そうした派遣求人の情報は日々変わるともいえますので、あらかじめ薬剤師派遣会社に登録の上で、担当者に希望条件を伝えておかれる方法がおすすめです。

時給4,000円の薬剤師は年収は?

例えば時給4,000円で職場、調剤薬局などが見つかった場合には、どれくらいの年収が稼げるのでしょうか。

時給4,000円、1日実働8時間勤務、月に20日働くとすると、

時給4,000円 × 8時間 × 20日 × 12ヶ月 = 768万円

となります。

もし派遣先で残業が発生すれば、派遣薬剤師はしっかりと残業代が支払われますから、年収800万円はすぐに超えるのではないでしょうか。

派遣薬剤師の場合、高時給なほど長期の更新は難しい可能性もありますが、半年の派遣期間であってもかなりの収入を得ることは可能といえます。

住居費用(住宅補助)や赴任費用あり、出稼ぎで稼ぐのもあり

地方の時給4000円以上の求人案件は、

  • 住居費用(住宅補助)
  • 赴任費用あり

での募集が一般的です。

薬剤師さんがお金を持ち出して引っ越しなどをする必要はありませんから、一定期間なら出稼ぎにいっても良いかな、むしろ色々な地方で働いて稼ぎたい、リゾート地で生活しながら稼ぎたい、といった方を対象にしているといって良いでしょう。

家具家電付きといった場合もありますし、中にはオーナーが所有する一戸建てを住宅として貸し出していたりするケースもあります。

時給4000円となると求人も限られてきますので、様々な地域で働くことに問題ない出稼ぎ可能な薬剤師の方は、短期間で高収入を得て、資金を作ることも可能になりますね。

短期間で事情があり、資金を貯めたい薬剤師さんには適した働き方になるのではないでしょうか。

時給4000円の薬剤師派遣、どんな仕事内容?

相場よりも高い時給4000円の薬剤師派遣の仕事、どんな仕事内容?
と気になっている薬剤師さんも多いのではと思います。

先ほどもご紹介しましたが、基本的には地方での仕事になります。

住居付きで赴任して働きます。

地方の調剤薬局の募集が多いですが、門前も多いですし総合的に処方箋が持ち込まれる薬局も多いため、しっかり経験を積める職場となることもあります。

どういった働き方になるのかは、詳しい情報は薬剤師派遣会社の担当者に確認をされるのがよいです。

薬剤師確保のために好条件で募集されます。

期間を決めて地方の調剤薬局で働いてお金を貯める、といったことも可能です。

季節に合わせて生活の場を変えて働く薬剤師さんもいらっしゃるそうです。

時給4000円~4500円、時にはそれ以上に高額な時給で薬剤師募集が見つかることがあります。

ファルマスタッフは時給4000円~高時給派遣が多い?

薬剤師派遣会社の中でもファルマスタッフは昔から派遣に力をいれており、業界でも屈指の求人数です。

高時給の派遣求人も多数抱えており、時給3000円以上、時給4000円以上の案件が見つかることもあります。

さすがに時給4000円以上の案件は希少です。

地方を中心に探すことになりますが、新幹線で通勤可能な場合もありますし、赴任費用を負担してくれたり、住宅補助があるなど有利な条件で勤務できる求人も少なくありません。

期間を決めて高収入を得たい、といった場合には地方に赴任する形での時給4000円など高時給案件を探すのもおすすめです。

遠方の場合には、基本的には住居付き派遣となりますので、住まいの心配をすることなく働くことができます。
(といっても、住宅が古いのかどうか、周囲の環境などはチェックされた方が良いでしょう)

高額な時給は魅力だけれど、そんな遠方に通えない!近隣で時給交渉がおすすめ

時給4000円の派遣薬剤師なら、確実に稼げます。

時給4000円でフルタイム、週5日勤務した場合(月20日の計算で)、

日給28000 × 20日 = 月給56万円

となります。

さらに年収を計算すると、

56万円 × 12か月 = 年収672万円

となります。

これくらい稼げるなら遠方の調剤薬局であっても、短期間なら派遣で働くのも良いかな・・・?と思う薬剤師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

いくら住居付き、赴任費用負担とはいえ、半年~といった期間、自宅を空けて地方で働くのは難しい・・・

そうした場合、ファルマスタッフなど薬剤師派遣会社を利用して、近隣で働きやすそうな、希望の働き方で見つかった調剤薬局やドラッグストアに対して「時給交渉」してもらう方法がおすすめです。

薬剤師の時給交渉について

時給3000円のお仕事が時給4000円にアップする!というのはさすがに難しいといえますが、時給が数百円アップするといったことは交渉次第では可能なようです。

もちろん、薬剤師さんのお持ちのスキル、経験やどれくらいの勤務日数働けるか、職場側の希望、派遣会社の担当者の交渉力など、複数の条件が絡んできます。

そのため、時給交渉で必ずアップするという訳ではありませんが、ダメ元で交渉してもらう価値はあるでしょう。

⇒ ファルマスタッフ

やはり派遣の求人数でいうと、ファルマスタッフが業界でもトップクラスに多いですから、情報収集にはまずおすすめしたいと思います。

他に薬剤師派遣で高時給のお仕事の情報収集であれば、

⇒ 薬キャリ

がおすすめとなります。

他にも派遣会社はありますが、求人数(情報量)で考えると上記2つおすすめとなります。

できるだけ多くの情報量が欲しい薬剤師さんは、どちらも併用されることを検討されてみてはと思います。

-薬剤師派遣
-,

© 2022 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5