薬剤師求人サイト

薬剤師アルバイト

薬剤師 日曜日バイト

薬剤師さんの中には日曜日のアルバイト・パートをお探しになっている、というケースも多いでしょう。

平日は難しくて・・・日曜日のみアルバイトしたい、という場合もありますよね。

週1の日曜日バイトだと家事・育児に影響が少なく、働きやすくてメリットがある、というママ薬剤師さん。

ダブルワークで収入アップのために週1、調剤薬局やドラッグストアの日曜日バイトを探しているという薬剤師さんもいらっしゃるでしょう。

実際に薬剤師の求人サイトで調べてみると、週1の日曜日バイトというのは需要があります。
ただし、求人数としては少数で希少となりますので、情報収集をされるのでしたら複数の薬剤師求人サイトを活用する方法をおすすめします。

土曜日や日曜日のみといった週末1日薬剤師バイト・パートを探すために、活用をおすすめしたい薬剤師求人サイトについてご紹介いたします。

薬剤師 日曜日だけのアルバイト募集について

日曜日だけ週末にアルバイトしたい、という場合の職場は、ドラッグストアもしくは調剤薬局となります。

年中無休で営業をしている薬剤師の職場としては、ドラッグストアがやはり多いです。

調剤薬局でも日曜日に開局しているところもありますから、地域によっては、

日曜日のパート・バイト薬剤師募集、隔週勤務可能な薬剤師さん歓迎

といったような求人が見つかる可能性もあります。

日曜日のみの求人募集の傾向としては、調剤薬局は日曜日のみ勤務歓迎が多いといえます。

ドラッグストアの場合には、日曜日+平日1日、といったような求人が多く見られる傾向はあります。

日曜日だけではなくて、もうあと1日平日でも働ける薬剤師さん歓迎、といったことからは人手不足の様子が伺えるといって良いでしょう。

週1の薬剤師・日曜日バイトの需要

薬剤師はずっと不足しています。

薬剤師の育成に要する時間が4年から6年へと変わった時期もありましたが、それからさらに年月が経ってもやはり薬剤師不足の状況が続いています。

その背景としては、調剤薬局やドラッグストアの新店開設のペースがこれまでは速かったことが要因にあります。
(コロナ後は分かりませんが・・・)

特に薬剤師は女性が多い職業です。

家庭のあるママ薬剤師にとっては、土日、週末は休んで家族の時間を優先したいという方も多く、そのため土曜日、日曜日の週1バイト勤務といった需要が生まれています。

土日など週末はお子さんがいれば発表会や習いごと、お出かけ、旅行などの予定も入りやすいですし、週末にまとめて家事・食事の作り置きなどをこなすママも多いでしょう。

時間がいくらあっても足りない!

という子育て中のママ薬剤師にとっては、週末の休みは貴重です。

土日は働けません、といったことで当初から希望を出して採用されているパート薬剤師の方も多いでしょう。

そのシフトを埋めるために、土曜日や日曜日のみの薬剤師求人が出ていることもあります。

薬剤師 日曜日バイト、どの薬剤師求人サイトがおすすめ?

では実際に薬剤師の日曜日バイトなど、週1求人を探す場合にはどの薬剤師求人サイトが情報収集しやすいでしょうか。

複数の薬剤師求人サイトを調べた結果、おすすめは次のようなところとなります。

ファルマスタッフ



薬剤師求人数、業界トップクラスのファルマスタッフでは、薬剤師さんの様々な希望条件に応じて求人探しをすることができます。

週1からアルバイト可【夜間・掛け持ちOKの求人特集】として求人も掲載されています。

ファルマスタッフ週1の薬剤師バイト

夜間・夕方~/週1日~/土日勤務のみ歓迎など、掛け持ち希望の方や薬学生向けの求人をピックアップ。
OTC業務はもちろん、希少な夜間のみOKの調剤求人も多数!ご希望に合わせて勤務時間や曜日を調整いたします。気になる求人があれば、ファルマスタッフにお任せください。

バイトをお探しになっている地域によっては求人がなかなか見つからない可能性もありますが、情報収集にまずおすすめしたいのがファルマスタッフとなります。

⇒ ファルマスタッフ 詳細はこちら

薬キャリ

薬キャリ薬剤師求人数が非常に豊富な薬剤師求人サイトです。

多くの人材紹介会社、派遣会社の求人を横断して探すこともできるため、情報収集に非常におすすめです。

週1日以上から勤務可能なパート・バイトの薬剤師さん募集

といった求人を探すことが出来ます。

⇒ 薬キャリ 詳細はこちら

週1薬剤師バイト、働き方・時間帯の需要

薬剤師バイト

週1日の薬剤師バイトは需要がある働き方ですが、求人に応募する際、時間帯が問題となるケースもあります。

調剤薬局やドラッグストアとしても、薬剤師さんにシフトに入って欲しい時間帯があります。

特に仕事を見つけにくいのが午前中のみ短時間の勤務です。

求人を調べていて、需要が多いのが朝から夕方までフルで勤務出来る薬剤師さんを歓迎するアルバイトです。

朝から夜までの営業時間の中で、4時間~6時間の間で応相談、といった求人も中にはありますが、基本的にはその他の薬剤師さんのシフトによって変わると考えて良いでしょう。

週1の薬剤師バイトをお探しになる場合には、職場となるドラッグストアや調剤薬局が希望するシフトに合わせて働く、といったことが可能だと職場探しもしやすくなります。

週1日の薬剤師求人探しは、派遣よりはバイト・パートが見つかりやすいです

今回のような日曜日バイト、週1日の薬剤師求人をお探しになる場合には、雇用形態として見つかるのは多く、アルバイト・パートでの求人です。

時給については高時給なほど嬉しいものですが、働くための制約があり、求人が少ない以上はあまり時給にこだわらず仕事探しをされることをおすすめします。

時給相場

薬剤師パート・アルバイトで見つかる求人の時給相場としては、日中の勤務であれば時給2,000円~時給2,500円といった求人が多く見つかることが多いといえます。

夜間のアルバイトであれば時給2,600円以上、22時以降は時給3,000円など高時給の求人が多くなります。

夜間バイトはやはり高時給なので、学生やダブルワークを希望されている男性の薬剤師さんには狙い目かもしれませんね。

高時給のアルバイトが見つかれば、短時間でも稼げますね。

週1日の薬剤師アルバイトはWワークOKの求人も多いです

「週1日勤務可能な薬剤師さん募集」

「日曜日のみ勤務の薬剤師さん歓迎」

といったように勤務日数が週1日ですから、ダブルワーク、掛け持ちOKで募集を行っている求人が多いことも特徴と言えます。

働き方に関しては、もし採用された場合には少ない勤務日数だからこそ、毎週しっかりとシフトは出勤するといった気持ちは重要になってくるでしょう。

面接の際の志望動機については週1日で働きたい事情、理由を正直に伝えることで問題ないでしょう。

不採用になった場合には、調剤薬局やドラッグストア側が勤務して欲しい時間帯と合わなかった、といった理由が多くなるようです。

週1の日曜日バイト、求人数は少ないものの需要に関してはありますので、まずは情報収集をされてみてはいかがでしょうか。

いずれの薬剤師求人サイトも、バイト・パート求人だけではなく、正社員や派遣薬剤師、週5日のフルで働くためのアルバイトなども求人が充実しています。

状況が変わった際、今後のお仕事探しにもぜひ活用してみてください。

日曜のみ、週末だけの薬剤師バイトってどう?

日曜日のみ、週1日の週末だけの薬剤師アルバイトをお探しになる場合、何かしらの事情があってお仕事探しをされていると思います。

求人探しも場合によっては大変かもしれません。

薬剤師のパート・アルバイト先は主に調剤薬局、ドラッグストアになりますが、多くの職場ではフルで働ける薬剤師か、せめて週3日程度働けるパート・バイトで募集をしたい場合が多いためです。

それでも探せば日曜日のみ、週1日応相談といったドラッグストアなども見つかります。

記事中でもご紹介しましたが、薬剤師は女性が多いですから週末は休んで家族の時間を優先したい、家事を色々と済ませたい、といった方も多いです。

ママ薬剤師さんは特に子供がいる週末は休みたい、と希望することが多いでしょう。

そうした場合には、週末に勤務出来る薬剤師が募集されることがあります。

情報収集はエージェントを利用した方が効率が良いですし、薬剤師さんの負担も楽になります。

日曜日のみ、週1日の週末バイトであっても仕事がある、無いでは収入が大きく違ってきますね。

薬剤師は高時給で働けますから、ぜひ日曜日の薬剤師バイト求人をお探しになってみてください。

おすすめ薬剤師求人サイト

⇒ ファルマスタッフ

派遣のみならず、パート・バイトの薬剤師求人にも強いのがファルマスタッフです。

⇒ 薬キャリ

業界最大級の薬剤師求人を扱う薬キャリ。様々なエージェントの求人をまとめて探すことができ、情報収集に便利です。

-薬剤師アルバイト
-

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5