高時給の薬剤師派遣

薬剤師の年収

30歳 薬剤師 平均年収

30歳の薬剤師 平均年収はいくら位なのでしょうか。

30代になる入り口の30歳は、一つの区切りの年齢としてお考えになる薬剤師さんも多いのではと思います。

これからもっと年収が上がる職場にいるのかどうか、転職をするにしても30歳は転機を掴みやすい年齢です。

年収が低い病院薬剤師から調剤薬局へ転職を目指す、ドラッグストアへ転職を目指すにしても30歳は転職に成功しやすい年齢といって良いでしょう。

年収は薬剤師として働いていく上でとても重要なものですよね。

自分の年収は平均年収と比べて高い?安い?

30歳、30代の薬剤師の平均年収はいくらか、また今後、年収を上げていくにはどうしたポイントを抑える必要があるのかをご紹介します。

30歳の薬剤師 平均年収

30歳の薬剤師 平均年収

30歳の薬剤師の平均年収は、約500万円となります。

女性薬剤師の方も、職場によっては30歳で年収500万円代に乗る方もいらっしゃるのではと思います。

もちろん職場によって年収には大きな差が出ている場合もあります。

管理薬剤師に昇進しているかどうかでも、薬剤師の年収はかなり違ってきますよね。

ただ、30歳で年収500万円というのは相場として、今後の働き方を考える上で基準にはなるのではないでしょうか。

将来的に年収がぐんぐん上がって行く企業であれば、将来に希望が持てますし、モチベーションも高く働きやすいかもしれません。

先輩社員の様子を見ていれば、大体分かりますよね。

その企業や調剤薬局で管理薬剤師の人数がどれくらいいるか、といったことも判断材料になるのではと思います。

30歳であっても管理薬剤師になり、ボーナス額の高い企業であれば年収700万円を超えるケースもあります。

薬剤師の年収は30代で頭打ちに

薬剤師は国家資格取得が必要な専門職です。

そのため、他の職種と比較して、未経験新卒からスタートし、年収400万円、年収500万円と超えてくる年齢早いと言えます。

勤める職場によっては20代の間に年収500万円台に乗る方も多いと思います。

同じ年齢の平均年収と比較しても、数十万円高いのが薬剤師です。

しかし、年収が頭打ちになるのも早いのが薬剤師です。

管理薬剤師などに昇進しなければ、40代を年収のピークとしてキープ、実質的には目減りしていく・・・といった薬剤師さんもいらっしゃるかと思います。

薬剤師の平均年収

薬剤師の平均年収は約540万円前後、と言われています。

平均ですから、年収400万近い方もいれば、年収700万円、年収800万円といった薬剤師さんも含まれます。

薬剤師の年収に関しては、勤務先によるところが非常に大きいといえます。

特に薬剤師の年収が低い、といわれるのが病院薬剤師です。

病院薬剤師は夜勤のある働き方ですから体力的にも大変でしょう。

しかし30代から年齢を重ねても、年収400万代から上がるのは難しいようです。

病院薬剤師になりたい方も多いですが、病院を辞めて転職していく方も多いです。

次に30代男性薬剤師の平均年収と、女性薬剤師の平均年収の差を見てみましょう。

薬剤師の年収【厚労省発表】ボーナス・都道府県別・年齢別年収推移がわかるページ|年収ガイド

を参考にさせて頂きたいと思います。

30代 男性薬剤師・女性薬剤師の平均年収の比較

32歳、男性薬剤師の平均年収は約575万円となっています。

32歳、女性薬剤師の平均年収は約494万円となっています。

その差は81万円です。

年収差としては、結構大きな金額差になるのではと思います。

女性が多い薬剤師という職業ですから、結婚・出産・育児などライフスタイルの変化を受けて産休・育休があったり、退職後にブランクを経てパート勤務、その後に正社員として復帰といった薬剤師さんもいらっしゃることなども平均年収に影響しているのかもしれません。

30代の働き方で薬剤師としての将来の年収が大きく変わる?

30代は今後の薬剤師としてのキャリアを考える上で、とても大切な年代です。

40代になると、基本的には経験を活かしての転職をすること以外には難しい、と考えた方が良いでしょう。

特に、調剤経験が無い薬剤師さんは、転職の選択肢が非常に狭くなってきます。

OTC経験のみしかない、という薬剤師さんもいらっしゃると思います。

そのままドラッグストアで働き続けるつもり、そこで昇進を目指したい、といった場合には別です。

しかし、やはり薬剤師であるからには調剤薬局で患者さんとコミュニケーションを取りながらやり甲斐のある仕事をしたい、といった場合には、早い年齢の間に調剤薬局に転職されることをおすすめします。

20代なら調剤未経験でも採用してくれる調剤薬局は比較的、見つけやすいといえます。

30代で未経験となると、転職のハードルは上がってきます。

年収ダウンも想定しなくてはなりません。

しかし、その後の昇給率が高い薬局などもありますから、転職の際にはエージェントに確認されることをおすすめします。

薬剤師が昇進して年収アップする方法

転職する際には、将来的な昇進についても情報を得ておかれた方が良いでしょう。

薬剤師が年収アップするためには、昇進は欠かせない要素です。

逆にいうと、昇進できないままで一般薬剤師として勤務を続けていても、年収は頭打ちとなり、50代以降は下がっていくケースがとても多いです。

(50代になると年収を上げたい!上げる!といったモチベーションも減ってきてしまうのかもしれませんが・・・)

管理薬剤師に昇進して年収アップ

薬剤師から昇進する、といえば管理薬剤師をイメージされる方も多いと思います。

管理薬剤師は責任も増えますし、カバーする業務もより広くなりますから、一般的な薬剤師より高収入です。

管理薬剤師の平均年収は約610万円前後といわれます。

高年収の製薬会社に勤務する管理薬剤師の場合には、年収800万円を超えるケースもあるようです。

管理薬剤師も勤務先によって、大きく年収額に影響を受けるといって良いでしょう。

エリアマネージャーに昇進して年収アップ

さらに実績を積み重ね評価されると、エリアマネージャーに昇進する方もいるでしょう。

エリアマネージャーは管理薬剤師よりも高年収ですから、企業によっては年収100万円以上も可能となってきます。

薬剤師に特化した転職サイトでも、時々見られる希少な案件となってきます。

転職時には年収700万円~といった求人が多い傾向があります。

非公開求人に情報がある可能性もありますので、エリアマネージャー候補として転職を目指したい場合にも、

などの転職エージェントの活用は必須と言えるでしょう。

年収が高い企業へ転職する

30代は今後の薬剤師としてのキャリアを考える上でとても大切な年代です。

そこには、

30代は転職しやすい年代である

ということも含まれています。

年収アップには勤続年数(経験年数)は確実な方法とも言えますから、転職回数が増えるのは基本的には避けた方が良いでしょう。

それを考えると、転職は多くても2回程度と考える薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

30代で昇給率の良い企業、薬局、ドラッグストアチェーンなどに転職。
その後、順調に経験を積み重ね昇進してくことで年収1000万円以上を目指せる職場もあります。

そうした職場の詳しい情報については、エージェントがやはり多くの情報を持っています。

先ほどご紹介した薬剤師に特化した転職エージェントは、いずれも求人数が豊富で年収アップ事例も多いので、活用されてみてはと思います。

また将来的には独立して自分で調剤薬局を開業・経営したいという薬剤師さんもいらっしゃるでしょう。

その場合、またキャリアの積み重ね方も変わってくるでしょうし、開業資金集めも必要になりますので働き方も考慮する必要があります。

-薬剤師の年収
-,

© 2020 薬剤師の転職サイト|薬剤師さんの働き方ガイド Powered by AFFINGER5